SSブログ
SSブログ
前の30件 | -

シリーズ展6 仏教の思想と文化-インドから日本へ- 特集展示:仏像ひな型の世界 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

シリーズ展6

仏教の思想と文化-インドから日本へ-

特集展示:仏像ひな型の世界

DSCN0832.jpg

インドで生まれた仏教がアジア全域に広がり日本に至るまでの約2500年の歩みを、大きく「アジアの仏教」と「日本の仏教」に分けてわかりやすく紹介した展覧会が、龍谷ミュージアムで開催中だ。

龍谷ミュージアムは、いつもその充実ぶりと貴重な展示物で定評の高い美術館だ。

この展覧会は平常展扱いだが、毎回、違う展示がされているシリーズ展で、このたび6回を迎える。

現在、29日(日)までその前半展が開かれている。

なお、後半は、222日(土)~ 322日(日)まで展示。

今回の特集展示は、仏像ひな型だ。

仏像などの彫刻をつくる際、仏師たちは「雛型」と呼ばれる模型を使用したという。

大きな仏像をどのようにして効率的に彫るかを考えるため、または注文主である施主や発願者にみせる完成予想図としての役割などを果たしたと思われる。

江戸時代には全国各地で膨大な数の仏像がつくられた。

そうした江戸時代の造仏界をリードしたのが、七条仏師をはじめとする京都仏師だ。

この時代に3Dでプリゼンを行なっていたことには大変驚かされる。

しかもかなり精密に作られているのだ。

『大仏師系図』にもその名が記され、江戸時代から平成まで15代にわたって系譜を連ねた京都仏師・畑治良右衛門(はた じろうえもん)が伝えてきた雛型の数々を展示している。

まとまった形で展覧会において展示されるのは初めてとのこと。

 

DSCN0755.jpg

慶派の仏師について、「特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念 国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」の記事で筆者は、七条仏所跡が七条高倉の南東交差点にあることを記した。

☆特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念 国宝 一遍聖絵と時宗の名宝

https://artnews.blog.ss-blog.jp/2019-05-17

仏像の素晴らしさに加えて、木に仏の魂を彫り上げる超人的な仏師に作り手としての尊敬と畏敬の念を覚え、もっと仏師が評価されるべきだと感じるようになった。

実際、仏師たちは、長い歴史の間、「人を超える存在」という位置づけに置かれていたのだ。

また、多くの京仏師たちはどこで制作に励んでいたのかについてもっと知りたいと思っていたところだった。

畑治良右衛門は、代々龍谷ミュージアムの近くに工房を構えていたという。

畑治良右衛門の代々の系図を見ると次の代が継ぐまでにかなりの年月を要してしまっている。

DSCN0784.jpg

そして、残念ながら15代で仏師の後継者が途絶えてしまったという。

跡を継ぐことの困難さを思うと心が痛い。

何とか16代目を継いでいただきたいと心から思う。

仏像ひな型が残っていてさらにその数がまとまっているのは、大変珍しい。

ぜひ鑑賞していただきたい展覧会だ。

その他、龍谷大学所蔵の品からさまざまの寺所蔵の品が展示されている。

仏教の歴史に沿って展示されているので大変わかりやすい。

 

  DSCN0790.jpg

☆展示構成

3階展示室

展示構成

《第1部 アジアの仏教》

インドで仏教が誕生し、アジア全域に広まる

仏教誕生・・・釈尊(ガウタマ・ブッダ)の生涯とその教え

仏教の広がり・・・インドから中央アジア、東南アジア、東アジアへ

多様な仏教・・・出家修行者と在家信者が織りなす多様な仏教世界

《第2部 日本の仏教》

日本へ仏教が伝来し、日本社会に根付く

仏教伝来・・・仏教伝来にかかわる史実と伝承

国家と仏教・・・国家政策としての仏教導入と貴族社会への浸透

仏教文化の円熟と日本的展開・・・日本国内での仏教の歩みの上に新たに醸成され、幅広い階層に受け入れられていった仏教の諸相

 

会期・開館時間

会期

202019日(木)~ 29日(日)/

2020222日(土)~ 322日(日)

休館日:月曜日

(ただし、113日、2/24は開館)

開館時間

1000 1700

※最終入館受付は1630まで

入館料

一般 550 450)円

シニア 450 350)円

大学生 400 300)円

高校生 300 200)円

※( )内は20名以上の団体料金 ※シニアは65歳以上。 ※中学生以下、障がい者手帳等の交付を受けている方、およびその介護者1名は無料

主催

龍谷大学 龍谷ミュージアム、京都新聞

後援

京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都

 

☆関連イベント

展示を鑑賞するかたは参加無料!

いずれのイベントも参加には観覧券(すでにご覧になった方はその半券)必要。

◆ スペシャルトーク

講義室で学芸員が展覧会の見どころを解説。

日 時

21日(土)・321日(土)13:3014:15

会場

龍谷ミュージアム101講義室

※事前申込み不要・聴講無料・観覧券必要(観覧後の半券可)

◆ギャラリートーク

展示室で作品を鑑賞しながら学芸員が解説。

 

日 時

118日(土)・37日(土)13:3014:15

集合場所

龍谷ミュージアム2階展示室入口

◆ ワークショップ

「仏像制作を体験してみよう」

仏像はどのようにして制作されるのでしょうか。

彫刻家の指導のもと、実際に展示されている仏像ひな型をもとに、仏像の木取り、組み立てを体験していただきます。

 

日 時

223日(日)※受付終了しました。

10:3012:30 ②14:0016:00

会 場

龍谷ミュージアム1101講義室

講 師

吉水 快聞 氏(彫刻家・仏師)

定 員

各回先着15

参加費

2,000円 ※参加費は当日受付。

備 考

小学校低学年までの児童については、保護者の付き添いが必要。

※事前申込み必要・当日の観覧券必要。

 

☆ワークショップ「仏像制作を体験してみよう」

◆ 本願寺書院(国宝)特別拝観ツアー

◆ 本願寺伝道院(重要文化財)特別拝観ツアー

普段、足を踏み入れることができない多くの国宝等により構成される書院、近代日本を代表する建築家伊東忠太の設計による伝道院を、龍谷ミュージアムの学芸員が解説を交えながらご案内。

日 時

西本願寺 書院特別拝観ツアー

33日(火)、317日(火)13:3015:00

西本願寺 伝道院特別拝観ツアー

310日(火)13:3015:00

集合場所

龍谷ミュージアム1101講義室

定 員

各回先着20

参加費

1回1,000円 ※参加費は当日受付。

※事前申込み必要・当日の観覧券必要

 

☆シアター上映

ミュージアムの3階 ミュージアムシアター(座席47席)200インチのスクリーンで大迫力の映像を上映。

フランス人がときめいた日本の美術館

「フランス人がときめいた日本の美術館」(約45分)

上映開始時刻 11:0015:30

 

20193月にBS11で放送された「フランス人がときめいた日本の美術館」第23回仏教と美術に思いを巡らす『龍谷ミュージアム』を上映。

 

「よみがえる幻の大画廊 ~ベゼクリク石窟~」(約12分)

上映開始時刻 10:3012:0012:3013:0013:3014:0014:3015:0016:30

 

中国・新疆ウイグル自治区にあるベゼクリク石窟寺院。

龍谷大学が中心となって、この石窟寺院の中の第15号窟に描かれた仏教壁画のデジタル復元にNHKと共同で取り組んだ様子をご紹介。

 

☆龍谷ミュージアムホームページ

http://museum.ryukoku.ac.jp

 

☆読者プレゼント 

   510名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

  

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

市川團十郎白猿 襲名記念 市川海老蔵展 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

市川團十郎白猿 襲名記念

市川海老蔵展

ebizou2001.jpg

 

成田屋の伝統を継ぐ歌舞伎俳優であり、映画やテレビドラマで多様な役を演じる表現者でもある十一代目市川海老蔵。

家族を愛するひとりの父親でもある、市川海老蔵。

20205月、十三代目市川團十郎白猿(いちかわ だんじゅうろう はくえん)襲名を前にした、"海老蔵"としての最後の機会となる展覧会が、大丸札幌店? 7階ホールで開催されている。

海老蔵の公演については、以下などで記しているので参照されたし。

☆市川海老蔵 JAPAN THEATER 

    https://artnews.blog.ss-blog.jp/2015-10-24

また、20198月の「市川會」で、海老蔵の長女・麗禾(れいか)が四代目市川ぼたんを、叔母の二代目市川紅梅が初代壽紅(じゅこう)を、妹の三代目市川ぼたんが四代目市川翠扇(すいせん)を、それぞれ襲名する三代襲名披露を行った。

さらに、長男・勸玄(かんげん)が市川新之助を八代目として襲名し、成田屋親子同時襲名される予定。

近年は、家族を愛するひとりの父親として、特に妻・麻央が死去後は、「パパママ」として愛情たっぷりに子育てを行なっているさまは多くの共感と尊敬を集めている。

 

 

十一世團十郎と十二世團十郎.jpg

                                                  十一世團十郎と十二世團十郎

 

 

市川海老蔵と堀越勸玄 <img src=松竹.jpg" src="/_images/blog/_7ba/artnews/m_E5B882E5B79DE6B5B7E88081E894B5E381A8E5A080E8B68AE58BB8E78E84201B23579343BE69DBEE7ABB9.jpg" border="0" />

                                                市川海老蔵と堀越勸玄 [コピーライト]松竹

 

この展覧会は、歌舞伎俳優として、ひとりの人間としての市川海老蔵の軌跡を紹介するもの。

成田屋360年の歴史の長さを示す市川團十郎家=市川宗家が代々継承する貴重な資料を展示。

市川團十郎家の「家の芸」として継承される「歌舞伎十八番」(かぶきじゅうはちばん)。

これは、初代團十郎・二代目團十郎・四代目團十郎がそれぞれ得意としていた荒事の演目18種を天保年間に七代目市川團十郎(当時五代目市川海老蔵)が市川宗家のお家芸として選定した歌舞伎演目だ。

今日、最も得意な芸や技のことを十八番(じゅうはちばん、おはこ)というが、この言葉は、「歌舞伎十八番」が語源だ。

歴代團十郎が得意とした荒事の姿など十八番の魅力を余すことなく衣裳や写真で示している。

荒事とは、元禄時代の江戸で初代市川團十郎によって創始された、荒々しく豪快な歌舞伎の演技のこと。

 

歌舞伎十八番の内『勧進帳』 <img src=松竹.png" src="/_images/blog/_7ba/artnews/m_E6AD8CE8889EE4BC8EE58D81E585ABE795AAE381AEE58685E3808EE58BA7E980B2E5B8B3E3808F201B23579343BE69DBEE7ABB9.png" border="0" />

                                  歌舞伎十八番の内『勧進帳』 [コピーライト]松竹

 

市川團十郎家の家の芸として継承される「歌舞伎十八番」。衣裳や写真を展示し、歴代團十郎が得意とした荒事の姿など十八番の魅力を伝えている。

 

 

貴重な錦絵に描かれた歴代團十郎の数々から、その歴史の重さが感じられる。

歌舞伎を身近に感じて欲しいという思いから自ら企画製作を行う「ABKAI」や、映画監督の三池崇史氏とのタッグで話題となった「六本木歌舞伎」など、海老蔵が創造する新作歌舞伎を衣裳や映像とともに展示。

六本木歌舞伎」第二弾『座頭市』 <img src=松竹.jpg" src="/_images/blog/_7ba/artnews/m_E585ADE69CACE69CA8E6AD8CE8889EE4BC8EE3808DE7ACACE4BA8CE5BCBEE3808EE5BAA7E9A0ADE5B882E3808F201B23579343BE69DBEE7ABB9.jpg" border="0" />

                                       六本木歌舞伎」第二弾『座頭市』 [コピーライト]松竹

 

海老蔵(パネル)と一緒に撮影できるフォトスポットや、歌舞伎十八番の内『暫』の大太刀(レプリカ)に触れられる体感コーナーも。

 

フォトスポット(イメージ) <img src=Takeshi Hanzawa.jpg" src="/_images/blog/_7ba/artnews/m_E38395E382A9E38388E382B9E3839DE38383E38388EFBC88E382A4E383A1E383BCE382B8EFBC89201B23579343BTakeshi20Hanzawa.jpg" border="0" />

                                               フォトスポット(イメージ) [コピーライト]Takeshi Hanzawa

 

 

『暫』の衣装は、鬘、衣裳、大太刀を合わせた総重量63㎏。

その重さと同じ重さの米俵21個も展示されており、それを難なく演じる海老蔵のすごさには、驚かされる。

毎日、トレーニングにスイムにとコツコツ。努力の賜物だ。

歌舞伎十八番の内『暫』 <img src=松竹.jpg" src="/_images/blog/_7ba/artnews/m_E6AD8CE8889EE4BC8EE58D81E585ABE795AAE381AEE58685E3808EE69AABE3808F201B23579343BE69DBEE7ABB9.jpg" border="0" />

                                  歌舞伎十八番の内『暫』 [コピーライト]松竹

 

まだ4歳の勸玄が母・麻央が死去後まもなく勸玄白狐として史上最年少で宙乗りを行なった時の衣装や、昨年の新春歌舞伎で父子三人が共演した時の衣装も展示。

これには改めて、勸玄や麗禾の小ささが感じられ、涙腺が緩む。

未来を託す子どもたちへの思いなどを映像と写真パネルで紹介。

 

十一世市川團十郎生誕百十年『牡丹花十一代』 <img src=松竹.jpg" src="/_images/blog/_7ba/artnews/m_E58D81E4B880E4B896E5B882E5B79DE59C98E58D81E9838EE7949FE8AA95E799BEE58D81E5B9B4E3808EE789A1E4B8B9E88AB1E58D81E4B880E4BBA3E3808F201B23579343BE69DBEE7ABB9.jpg" border="0" />

                               十一世市川團十郎生誕百十年『牡丹花十一代』 [コピーライト]松竹

 

 

襲名への意気込み、そして家族への思いを語った撮り下ろしインタビューの上映や、普段の楽屋の様子が再現された展示などもあり、見逃せない。

 

本展撮り下ろしインタビュー映像.jpg

                                                               本展撮り下ろしインタビュー映像


 

海老蔵は、去年12月、成田山新勝寺で苦行を行なっている。

また、大晦日の深夜、来る年を前に「睨み」(にらみ)を成田山新勝寺で行ない、それはテレビを通して全国に放映された。

歌舞伎では、劇中、”附け打ち”と呼ばれる拍子木で床の上の板を叩く音に合わせて、役者が身体の動きを止め、首をぐるりと回して、正面に向きピタリと止まるのが、「見得」だ。

これは、舞台の演出方法の一つで、クライマックスで観客の視線を集めるために行われる。

ところが、成田屋の「睨み」は、通常の演目の中で行われるものではなく、襲名やお正月など

お祝いの際に祝賀として行う。

「ひとつ睨んでご覧にいれましょう!」

と言って、片肌を脱ぎ左手で三方を掲げ、右手はゲンコツのように握って胸の前に置き、ぐーっと睨む。

その時、片目は寄り目にもう一方の瞳は目の中央にある。

技としては他の役者もできるが、実際に「睨み」をするのは成田屋の役者だけだ。

すなわち、十二代目の團十郎が亡くなった今、十一代目の海老蔵だけが、にらみをする役者なのだ。

勸玄は、まだ練習中ということを海老蔵はそのブログ(メンバーのみ)で明かしている。

その画像は、まだあどけなく愛らしい。

https://secret.ameba.jp/ebizo-ichikawa/amemberentry-12461282916.html

 

初代團十郎は、なかなか子供ができなかったので成田山新勝寺に参詣したところ男の子に恵まれた。

以降、成田山の熱心な信者になった。

初代團十郎は子供を授かったことを不動明王が祀られている成田山新勝寺に感謝し、『成田不動明王山』をという演目を上演し、その後も、『成田分身不動』を演じた。

團十郎が演じる不動明王の姿を観た観客は手を合わせて拝んだという。

その不動明王の演技の中から「睨み」が生まれ、成田屋の代々に大切な演技として

受け継がれたて来たのだ。

そして、今もなお「睨み」の演技は、単なる演出方法ではなく「邪気を払う」という特別なものとして、この「睨み」を見た人は、少なくとも一年は風邪をひかないといわれている。

海老蔵の亡き妻の麻央が、毎年恒例年末の「睨み」を行なってほしいと願っていたという。

2017年も2018年も麻央の思いを遂げられなかったが、2019年は出来た。

「睨み」は、本来、劇場に来た人のみのものであった。

しかし、劇場の入場料を払えない人でも足を運べない人でもテレビを通して「睨み」を見ることができるのだ。

「睨み」を見てから年が明ける。

ぜひとも、恒例行事にしていただきたいものだ。

海老蔵は、一日の始まりのブログに毎日以下の文章を書いている。

「今日も多くの方々が幸せで

愛を感じ楽しめる

最高の一日でありますように」

神仏に世の人の幸せを願ってから、自分のお願いをするようでないと本当の幸福はやって来ないと筆者は考えている。

海老蔵は、単なる役者というだけでなく、人々の幸福を願い、役が憑依する神官のような気持ちでストイックに日々過ごしているのであろう。

 

海老蔵は、昨年北海道公演を行ない、その温泉も大変気に入ったとブログで語っている。

また、子どもたちも楽しんだようだ。北海道は、思い入れのある地だろう。

この海老蔵展は、さまざまな地を巡って来たが、大丸グループでは、全国初の開催だ。

ブログから海老蔵を知った人も昔からの歌舞伎ファンもその人となりに触れることのできる展覧会だ。

襲名を前に海老蔵時代の集大成ともなる展覧会。

  令和の時代に生きる我々は、歌舞伎歴史の瞬間をまもなく体験するだろう。

  その前にぜひ鑑賞していただきたい。

お見逃しなく。

 

 

 

■開催場所: 大丸札幌店 7階ホール

■開催期間: 202014()15()

※最終日は、午後430分まで(午後5時閉場)

■入場時間: 午前10時~午後8時(最終入場は閉場時間の30分前まで)

 *最終日は、午後5時閉場?

 

■入場料

一般:1,000 (800)

大高生:800 (600)

中学生以下:無料

入場料は税込、( )内は前売り券および10名様以上の団体、大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証をお持ちの方。

■主催:市川海老蔵展実行委員会・松竹株式会社

 

☆読者プレゼント 

   1020名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:http://art-news-jp.jimdo.com

UPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

 ※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆巡回予定

   ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階特設会場

 

2020216日(日)~31日(日)

ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba

ameblo.jp/ebizo-ichikawa/

☆市川海老蔵 オフィシャルグッズショップ

http://ebizo-goods.com/

☆市川海老蔵 公式Facebookページ

https://www.facebook.com/EbizoIchikawaXI/

☆市川海老蔵 公式Instagramアカウント

https://instagram.com/ebizoichikawa.ebizoichikawa/

☆市川海老蔵 成田屋公式HP

http://www.naritaya.jp/

☆伝統芸能と成田屋のファンクラブ THUNDER PARTY !

https://thunderparty.jp/

☆小林麻央オフィシャルブログ Powered by Ameba

     https://ameblo.jp/maokobayashi0721/


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「キャサリン妃の素顔」写真展 母として、女性として、公爵夫人として | [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

「キャサリン妃の素顔」写真展

母として、女性として、公爵夫人として

    DSCN0660.jpg                   撮影  浦 典子

 

イギリス王室のケンブリッジ公ウィリアム王子の妻、ケンブリッジ公爵夫人キャサリン(Catherine, Duchess of Cambridge、旧名: キャサリン・エリザベス・ミドルトン(Catherine Elizabeth Middleton)は、世界中から最も注目を集める妃だ。

そんな彼女の魅力に迫る独自の展覧会が、阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリーにおいて開催中だ。

 

DSCN0616.jpg

 この展覧会は、キャサリン妃の出生、学生時代の王子との恋愛・破局・婚約までのラブストーリー、母としての子育て、チャリティーやイベントでの公務など写真を中心に魅力をあますことなく紹介している。

 チャーミングで自然体な人柄とともに、ファッションセンスも話題のキャサリン妃。

 キャサリン妃は、元々着回しが上手だが、コートやドレスなどをリメイクしサイズ調整をした堅実な様子を比較展示してわかりやすく紹介しているのが、この展覧会のよく練られたところ。

 

   DSCN0622.jpg      

 

   DSCN0625.jpg

「キャサリン妃の素顔」と題しているが、ちょっと大袈裟?と思いながら取材に出かけたが、中にはこんな表情の写真を集めて展示していいのと驚くくらいの写真もあり、期待を裏切らない。

 

DSCN0659.jpg

 

写真展だが、それだけではなく映像、愛用ファッション、ジュエリーなど約150点を展示しているところもこの展覧会の特徴。

 

DSCN0618.jpg

 

DSCN0621.jpg

 

DSCN0631.jpg

 

DSCN0638.jpg

 

DSCN0626.jpg           

 

アートに特化した弊サイトは、キャサリン妃のアートに関する言葉をぜひ紹介したい。

 

DSCN0620.jpg

また、バッキンガム宮殿でロイヤルファミリーが勢揃いするフォトスポットは、ファミリーの一員になった気分を味わえるかも。

 

DSCN0652.jpg

クラシックコンサート帰りだという6歳の幼稚園児もはにかみながら撮影。

被写体ご本人および保護者には撮影および掲載許諾済。

お見逃しなく。

 

日時:

2019102日(水)~1014日(祝・月)

日~木曜日:10時~20時 金・土曜日10時~21時(最終入場は終了の30分前まで、最終日は18時閉場)

会場:

大阪府大阪市北区角田町87号 阪急うめだ本店9F

入場料:

【当日券】一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料

日~木曜日=10:00~20:00

金・土曜日=10:00~21:00

※閉場30分前までにご入場のこと。

※催し最終日は午後6時閉場

阪急お得意様カード、ペルソナカード、エメラルドSTACIAカードのご呈示でご本人様に限り、入場料から100円割引

主催

阪急うめだ本店

☆阪急うめだ本店

      http://www.hankyu-dept.co.jp

☆☆阪急うめだギャラリー

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/event/index.html

☆読者プレゼント 

   1020名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:http://art-news-jp.jimdo.com

UPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

 

 

※人物名の表記は、敬称略。

   ※画像および記事の無断転載禁止

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

倭-YAMATO 2019 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

-YAMATO 2019

1910.jpg

世界54ヶ国、3,500回以上の公演実績を持つ倭-YAMATO

20196月から石川、福井、兵庫宍粟市、神戸市、京都、福島、宮城、長野飯田市、長野市、東京、長崎、  鹿児島、愛媛、高知、広島、滋賀と各地を巡って日本ツアーを進めて来た。

その集大成というべき大阪公演が1019(土) メルパルクホールにて開催される。

 

-YAMATOについては、以下に記しているので参照されたし。

http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2017-07-02

http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2017-07-03

http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2017-07-07

https://artnews.blog.ss-blog.jp/2018-06-27

 

https://art-news-jp.jimdo.com/2017/07/02/-yamato/

https://art-news-jp.jimdo.com/2017/07/03/-yamato-the-challengers-2017-2018/

https://art-news-jp.jimdo.com/2018/06/27/-yamato/

  

-YAMATO2019年のテーマは、「情熱」”Jhonetsu” –Passion だ。

2019年は、 スイスツアー(19公演)、ミラノ公演、全英ツアー(17公演)、ロンドン公演(22公演)、オランダツアー(33公演)、日本ツアー(17公演)、スペインツアー(3公演)、オーストラリアツアー(31公演)を行なって来た。

公演開催国は、54ヶ国、総公演回数3500回以上、観客動員数600万人突破。

-YAMATOのスケジュールはかなりタイトでそのほとんどが海外公演だ。

 

 樹齢400年の大木で造った太鼓を筆頭に数十台の太鼓群。

 その音は心に染み入る。

 倭-YAMATOはパフォーミングアーツ集団の中で、群を抜く海外公演数を誇る。

 公演会場は、一流のところばかり。

 海外では倭-YAMATOのチケットは常に完売で入手困難。

 大阪公演は、まだ少しだが残席はある。

 チケット代は、去年のドイツだとEUR 55.00くらいなので、日本公演の方が格段に安い。

 おおむね、クラシックのコンサート、オペラ、バレエは、海外で鑑賞した方が同じ演目で同じ出演者なら日本で鑑賞するよりはるかに格安だ。

 しかし、倭-YAMATOは、日本から海外に出向いているので、日本公演の方がチケット代が安い。

 日本公演を鑑賞できるのは、日本に住んでいる、または訪れている人の特権だ。

 和太鼓集団数々あれど、海外で和太鼓集団といえば倭-YAMATOのことを指すといっても過言ではない。

 海外で活躍をし、攻めて行っている倭-YAMATOを筆者は日本人として誇りに思っている。

 その運営もエンターテイメントのプロとしてリベラルで開放的、全く閉鎖的ではない。

 会場入り口で来場者に挨拶やチラシを配っているのは、演出、舞台監督などマルチに活躍する小川正晃 倭-YAMATO代表だったりする。

 日本ではありえないような出来事なので、筆者は目を疑ったほどだ。

 大変フレンドリーで気取ったところがないのも、倭-YAMATOの魅力の一つだ。

 国際社会に通用する秘密は、こんなところにあるのだと筆者は痛感している。

 すべてがグローバルレベル。いい意味で日本人離れしているのだ。

 そして、倭-YAMATOは、充分、「日本」を代表しているといえるだろう。

「日本代表」を背負って果敢に取り組んでいる倭-YAMATOを応援しようじゃないか!

ぜひ、お見逃しなく。

 

☆『倭-YAMATO- 日本ツアー2018

大阪公演 

@メルバルク大阪

日時=10/19() 16時~

日程/開場

チケット

全席指定 前売 一般 4500円 / 4歳〜中学生 3500円 

当日500UP 

※3歳以下入場不可

お問合せ

サウドクリエーター 06-6357-4400 

http://www.sound-c.co.jp

URL

   http://www.yamato.jp

 

☆読者プレゼント 

   大阪公演  各 36名様に ご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名 希望公演日

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

   会期が短いため、速達などお届けに最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

  件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆今後の公演予定

   1027 () 奈良県明日香村国営飛鳥歴史公園高松塚地区(Asuka, Nara, JapanTakamatsuzuka       

       開場1600  開演1700

 

☆海外公演

       2020年 アメリカ・カナダツアー、日本ツアー、東ヨーロッパツアーと多忙だ。

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

猫のダヤン35周年 ダヤンと不思議な劇場 池田あきこ原画展 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

猫のダヤン35周年 

ダヤンと不思議な劇場 池田あきこ原画展

チラシ1909.jpg

[コピーライト] Akiko Ikeda / Wachifield Licensing Inc. All rights reserved.

 

 

謎めいた大きな目が印象的なねこのダヤン。

ダヤンが誕生して今年で35年。

以前、筆者が「ダヤン誕生30年 池田あきこ原画展 ねこのダヤンと不思議の国」を紹介してから5年。

光陰矢の如しだ。

☆参考

「ダヤン誕生30年 池田あきこ原画展 ねこのダヤンと不思議の国」

松屋銀座展

https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2013-03-24

大丸神戸店展

https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2014-04-21

 

神奈川県 横浜赤レンガ倉庫で大好評だった「猫のダヤン35周年 ダヤンと不思議な劇場 池田あきこ原画展」が9/25から阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリーにおいて開催される。

作者の池田あきこは、不思議な国”わちふぃーるど”に迷い込んだねこのダヤンを主人公に、魅力的なキャラクターたちが繰り広げる物語を、深みのある温かな色彩で描いて来た。

”わちふぃーるど”は、異次元にある不思議な世界。”アルス(地球)”とは異なる住人たちが暮らし、妖精や魔女が活躍する魔法の国。

  この展覧会は、猫のダヤンと、その仲間たちの物語を立体的に体感できる新しいスタイルの原画展なのだ。

  会場では、描き下ろしの新作原画30点をはじめ、初期の絵本作品や歴代BABYダヤンなど約160点を展示している。

また、ダンボールアート作品の巨大な「お祭り広場」では、劇場のように空が刻々と変化を見せ、”タシルの街”を体感できる。

革を使ったジオラマや、ギニョール劇場、ダヤンがとびまわるプロジェクションアートなど楽しさ満載!

ダヤンの世界は、絵本や池田あきこ自身が手がけるさまざまなグッズだけではなく、1998年河口湖畔に、その世界観を再現した美術館、河口湖・木ノ花美術館が開館し「池田あきこの世界」常設展示されている。

また、クラシック音楽との共演コンサートも開かれるなど、ますます広がり続けている。

さらに、池田あきこはボルネオのオランウータンの森に魅せられ、森を守る運動を実施している。

森の豊かさや自然の大切さを問いかけているのだ。

株式会社わちふぃーるどは2010年より、 認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパンの『緑の回廊計画』の活動に賛同し、寄付をおこなっているアクティビストでもある。

Save the Forest ボルネオの緑を守ろう!ダヤンの故郷、地球を守ろう!」をテーマに、マレーシアのボルネオ島キナバタンガン川沿いの急速に失われつつある熱帯雨林を買い取り、生物多様性と自然環境を保全する取り組みを続けている

お見逃しなく。

 

日時:

2019 925() - 930()

日~木曜日:10時~20時 金・土曜日10時~21時(最終入場は終了の30分前まで、最終日は18時閉場)

会場:

大阪府大阪市北区角田町87号 阪急うめだ本店9F

入場料:

【当日券】一般700円、大学・高校生500円、中学生以下無料

日~木曜日=10:00~20:00

金・土曜日=10:00~21:00

※閉場30分前までにご入場のこと。

※催し最終日は午後6時閉場

阪急お得意様カード、ペルソナカード、エメラルドSTACIAカードのご呈示でご本人様に限り、入場料から100円割引

主催

阪急うめだ本店

池田あきこ原画展実行委員会

 

☆阪急うめだ本店

      http://www.hankyu-dept.co.jp

☆☆阪急うめだギャラリー

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/event/index.html

☆公式サイト

       http://www.nekono-dayan.com

WachiField わちふぃーるどオフィシャル・ウェブサイト

       http://www.wachi.co.jp/

 

☆池田あきこ サイン会&ギャラリートークサイン会

928日(土)

トーク13時~(約30分)

サイン会1330分~

929日(日)

トーク11時~(約30分)

サイン会1130分~

929日(日)サイン会開始までに、会場の商品を税込3,240円以上お買い上げのお客様を対象に、サイン会を開催。

 

サイン会の当日、お買上商品とお買い上げレシートをお持ちの上、会場へお越しいただき、整理券をお受け取りのこと。

整理券は各日、午前105分より会場にて配布。

【各日限定100名様(先着順)】

整理券はお一人様1枚の配布。

会場でお買い上げの商品1点にサイン。

天候やトラブル、ご本人の都合により、やむを得ず中止または内容が変更になる場合あり。

あしからずご了承下さいませ。

ギャラリートークへのご参加には入場券が必要。

 

☆読者プレゼント 

   1020名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

      締切:http://art-news-jp.jimdo.com

UPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

※画像および記事の無断転載禁止

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ねこがかわいいだけ展 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

ねこがかわいいだけ展

DSC_0001.jpg

                                           撮影  浦 典子

 

猫好きによる猫好きのための究極の“にやにや空間”

かわいい猫を愛でる写真&アートの展覧会が、グランフロント大阪 北館にあるナレッジキャピタル イベントラボで開催中だ。

犬と並びペットとして飼育されている猫。

国内の予想飼育数は、ペットフード協会の調査によると、2016年時点では984.7万頭。

犬の987.8万頭より若干少なかった。

しかし、2017年の調査で、ネコ952.6万頭、イヌ892.0万頭。

同調査が開始されてから初めて逆転し、今や「ネコノミクス」といわれるほどペット界の王者だ。

「ぶさにゃん」「必死すぎるネコ」で猫の新しい魅力を引き出した沖昌之、

「のら猫拳」シリーズで猫のコミカルな面にスポットを当てた久方広之、

「世界で一番美しい猫の図鑑」で艶やかで憂いのある猫の表情を引き出したアストリッド・ハリソンなどのプロカメラマン写真を一挙に展示。

DSC_0007.jpg

 

 

 

さらに、この展覧会では、以下の作家の作品に加えて「みんなの猫エリア」では、ねこがかわいいだけ展の公式サイトにて写真・動画の募集を行なった猫の写真を展示。

DSC_0033.jpg

 ▼写真家

 石原さくら、ケニア・ドイ、久方広之、沖昌之、アストリッド・ハリソン

 ▼アート

 ・高木亮(切絵)、中山みどり(フェルト)、島田紘一呂(彫刻)

 

キュートでコミカルで美しい!それが猫!

また、会場には展覧会のオリジナルグッズはもちろん、 全国から集まった猫にまつわるグッズが勢ぞろい。

 

「ねこがかわいいだけ展」というネーミングもキャッチ―だ。

そうだ、ねこってかわいいだけでいい。

多くを求めてはいけないのだ。

この展覧会は、ねこがかわいいだけの展覧会なのかと思っていたら大違い。

ねこの歴史から世界中の珍しいねこの話など盛りだくさん。

この展覧会情報は、以前筆者が記事で書いた一般社団法人フェルトアート協会中山みどり代表から教えていただいた。

以下で記しているので参照されたし。

☆中山みどり フェルトアート展

   https://art-news-jp.jimdo.com/2016/02/17/中山みどり-フェルトアート展/

https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2016-02-17

 

☆人生はニャンとかなる!展

   https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2015-07-02-1

 

DSC_0020.jpg 

暑い毎日、忙しい毎日、疲れる毎日。

この展覧会はあなたの心の肉球。

ねこは、創作意欲をかき立てられる存在だ。

優れたアート作品もお見逃しなく。

ねこがかわいいだけの展覧会ではなく、中身の濃い展覧会だ。

 

日 程

2019.7.20sat)〜9.17tue

時 間

10:0020:30(最終入場20:00)※休館日ナシ

場 所

ナレッジキャピタル イベントラボ(グランフロント大阪 北館)

大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館内

入場料:当日券 800

※小学生以下入場無料

主催:日本テレビ/読売テレビ/キョードーアジア/ディスクガレージ/イープラス/ぴあ/ローソンチケット/第一通信社

協賛: いなばペットフード

特別協力:ねこのきもち

協力:一般社団法人ナレッジキャピタル 

☆公式サイト

    https://nekogakawaii.com/

 

DSC_0036.jpg 

 

 

DSC_0038.jpg

 

この展覧会は、東京、大阪などで開催中。

さらに、横浜、静岡で追加開催決定。

各会場それぞれ個性ある展示内容なので、会場めぐりの旅に出かけるのも悪くない。

※彫刻、フェルトは東京・大阪・横浜会場、

切絵は東京・大阪・横浜・新潟会場にて展示。

☆大阪展 読者プレゼント 

   12名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:UPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

☆横浜、静岡開催情報

日 程

2019.9.14sat)〜10.14mon

時 間

10:0020:30(最終入場20:00)※休館日ナシ

場 所

アソビル3F STAMP HALL

神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル

 

日 程

2019.10.19sat)〜11.10sun

時 間

10:0019:00(最終入場18:30)※休館日ナシ

場 所

松坂屋静岡店 北館5階 特設会場

静岡県静岡市葵区御幸町10-2

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

 ※画像および記事の無断転載禁止


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」Celebrating the 40th Anniversary of the Japan–China Cultural Exchange Agreement [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

日中文化交流協定締結40周年記念

特別展「三国志」

Celebrating the 40th Anniversary of the Japan–China Cultural Exchange Agreement

Three Kingdoms Unveiling the Story

01_関羽像_72dpi以下.jpg

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・1516世紀 新郷市博物館蔵

 

今からおよそ1800年前、後漢王朝の混迷に端を発した三国志の時代。

2世紀末、漢王朝の権威がかげりをみせるなか、各地の有力武将が次々に歴史の表舞台へと躍り出て、やがて魏、蜀、呉の三国が天下を分かち、新時代へと向かう。

幾多の武将の栄枯盛衰とともに記録され、のちには歴史性を帯びた伝説となって普及して行く。

そして、伝説は人びとの親しむところとなってそこから詩文や絵画が生まれ、また、関羽のように尊崇(そんすう)されて神となった武将もいた。

今につながる多彩な「三国志文化」は、物語だけにとどまらず総合的な文化として育まれていったのだ。

近年、三国志をめぐる研究は曹操高陵(そうそうこうりょう)の発掘など空前の活況呈している。

「リアル三国志」を合言葉に漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解こうという試みの展覧会が東京国立博物館 表慶館で開催中である。

三国時代、日本は何時代?

筆者は、中国の国の名の変遷を中学生時代、暗記した。

しかし、なかなかその答えを調べることをして来なかった。

歴史年表を紐解けばわかることだが、中国の三国時代、日本は弥生時代の後期だったのだ。

弥生土器や吉野ヶ里遺跡で有名な高床式倉庫の時代だ。

このことを筆者は、あまり中国人に言いたくないことなのだが、事実だ。

いかに中国の文化が我が国に比べて進んでいたかを日本人は考える必要があるのではないかと思わせてくれる展覧会だ。

筆者は、三国志に大変興味があり、そのゆかりの土地を実際に訪れたりした。

その興味から中国語を学びたいと思い、筆者の中国語は、「made in NHK」で、ラジオとテレビ講座から学んだ。 筆者には、中国の恩師はいないが、ラジオとテレビ講座の講師を勝手に恩師だと思っている。

書物だけではなく、あらゆる角度からの研鑽を積まれた展覧会。

きっと新たな発見に驚くに違いない。

916日(月・祝)まで。お見逃しなく。

 

☆展示構成

 プロローグ 伝説のなかの三国志

  1. 曹操・劉備・孫権―英傑たちのルーツ

  2. 漢王朝の光と影

  3. 魏・蜀・呉の鼎立(ていりつ)

  4. 三国歴訪

  5. 曹操高陵と三国大墓

    エピローグ 三国の終焉―天下は誰の手に

 

       201979日(火)~916日(月・祝)

       東京国立博物館 平成館(上野公園)

開館時間 9:3017:00(入館は閉館の30分前まで)

(ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館)

休館日    月曜日(ただし、916日(月・祝)は開館)

観覧料金 一般1,600(1,400円/1,300)、大学生1,200(1,000円/900)

高校生900(700円/600)、中学生以下無料

( )内は20名以上の団体料金

* 障がい者とその介護者一名は無料。入館の際に障がい者手帳などをご提示のこと。

* 「東京・ミュージアムぐるっとパス」で、当日券一般1400円を1300(100円割引)。正門チケット売場(窓口)にて。

* 東京国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を800(200円割引)

正門チケット売場(窓口)にて、キャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示のこと。

お問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

       東京国立博物館、中国文物交流中心、 NHKNHKプロモーション、朝日新聞社

       外務省、中国国家文物局、中国大使館

       大日本印刷、三井住友海上火災保険、三井物産

       飯田市川本喜八郎人形美術館、 コーエーテクモゲームス、日本航空、

光プロダクション

カタログ・音声ガイド 展覧会カタログ(2,500)は、平成館会場内、およびミュージアムショップにて販売しています。音声ガイド(日本語、英語、中国語、韓国語)550円でご利用いただけます。

お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

☆東京国立博物館サイト

    http://www.tnm.jp/

☆展覧会公式サイト

 https://sangokushi2019.exhibit.jp/



02_関羽・張飛像_72dpi以下.jpg 

関羽・張飛像 (かんう ちょうひぞう)張玉亭作 土製、彩色 清時代・19世紀 天津博物館蔵

 



03_関帝廟壁画「張飛、督郵を鞭打つ」(部分)_72dpi以下.jpg 

関帝廟壁画「張飛、督郵を鞭打つ」(かんていびょうへきが ちょうひ とくゆう むちう) 土製、彩色 清時代・18世紀 内モンゴル自治区フフホト市清水河県水門塔伏龍寺伝来 内蒙古博物院蔵

 

関帝廟壁画「張飛、督郵を鞭打つ」(部分) 土製、彩色 清時代・18世紀 内モンゴル自治区フフホト市清水河県水門塔伏龍寺伝来 内蒙古博物院蔵

 

04_趙雲像_72dpi以下.jpg

 趙雲像(ちょううんぞう) 木製 清時代・1718世紀 安徽省亳州市花劇楼伝来 亳州市博物館蔵

 

 

05_豹_72dpi以下.jpg

 豹 青銅製、金銀・白瑪瑙象嵌 前漢時代・前2世紀 1968年、河北省保定市満城区中山靖王劉勝夫婦墓出土 河北博物院蔵 06_玉豚_72dpi以下.jpg 

玉豚(ぎょくとん) 玉製 後漢時代・2世紀 1973年、安徽省亳州市董園村1号墓出土 亳州市博物館蔵

 07_貨客船_72dpi以下.jpg

 貨客船 土製 後漢~三国時代(呉)・3世紀 2010年、広西チワン族自治区貴港市梁君垌14号墓出土 広西文物保護与考古研究所蔵


08_「倉天」磚_72dpi以下.jpg 

「倉天」磚(そうてん せん) 土製 後漢時代・2世紀 19761977年、安徽省亳州市元宝坑1号墓出土 中国国家博物館蔵


09_儀仗俑_72dpi以下.jpg

 

儀仗俑 (ぎじょうよう)青銅製 後漢時代・23世紀 1969年、甘粛省武威市雷台墓出土 甘粛省博物館蔵 ※写真は展示品と異なる場合があり。




10_童子図盤_72dpi以下.jpg 

童子図盤 (どうじずばん)木製、漆塗 三国時代(呉)・3世紀 1984年、安徽省馬鞍山市雨山区朱然墓出土 馬鞍山市三国朱然家族墓地博物館蔵 



11_「曹休」印_72dpi以下.jpg  

 「曹休」印(そうきゅう いん) 青銅製 三国時代(魏)・3世紀 2009年、河南省洛陽市孟津県曹休墓出土 洛陽市文物考古研究院蔵 12_蛇矛_72dpi以下.jpg 

蛇矛(じゃぼう) 青銅製、鍍錫 石寨山文化期・前2世紀 1956年、雲南省昆明市石寨山3号墓出土 雲南省博物館蔵

13_鈎鑲_72dpi以下.jpg 

 鉤鑲(こうじょう) 鉄製 後漢~三国時代(蜀)・3世紀 1998年、四川省綿陽市白虎嘴崖墓出土 綿陽市博物館蔵 




14_撒菱_72dpi以下.jpg  

 撒菱 青銅製 後漢~三国時代・3世紀 1985年、陝西省漢中市勉県定軍山出土 勉県博物館蔵 



15_神亭壺_72dpi以下.jpg 

神亭壺(しんていこ) 青磁 三国時代(呉)・鳳凰元年(2721993年、江蘇省南京市江寧区上坊墓出土 南京市博物総館蔵


16_方格規矩鳥文鏡_72dpi以下.jpg

 方格規矩鳥文鏡(ほうかくきくちょうもんきょう) 青銅製 後漢~三国時代(魏)・23世紀 1955年、遼寧省遼陽市三道壕1号壁画墓出土 遼寧省博物館蔵

 



17_揺銭樹台座_72dpi以下.jpg 

揺銭樹台座(ようせんじゅだいざ) 土製 後漢~三国時代(蜀)・3世紀 2012年、重慶市豊都県林口墓地2号墓出土 重慶市文化遺産研究院蔵 



18_金製獣文帯金具_72dpi以下.jpg  

 金製獣文帯金具(きんせいじゅうもんおびかなぐ) 金製、貴石象嵌 後漢時代・2世紀 2009年、安徽省淮南市寿県寿春鎮古墓出土 寿県博物館蔵 



19_虎形棺座_72dpi以下.jpg 

虎形棺座(とらがたかんざ) 石製 三国時代(呉)・3世紀 2006年、江蘇省南京市江寧区上坊1号墓出土 南京市博物総館蔵 



20_石牌「魏武王常所用挌虎大戟」_72dpi以下.jpg 

石牌「魏武王常所用挌虎大戟」 (せきはい ぎのぶおうつねにもちいるところのかくこだいげき)石製 後漢~三国時代(魏)・3世紀 20082009年、河南省安陽市曹操高陵出土 河南省文物考古研究院蔵 



21_罐_72dpi以下.jpg  

 罐(かん) 白磁 後漢~三国時代(魏)・3世紀 20082009年、河南省安陽市曹操高陵出土 河南省文物考古研究院蔵 



 22_「晋平呉天下大平」磚_72dpi以下.jpg 

 「晋平呉天下大平」磚(しんごをたいらげてんかたいへい せん) 土製 西晋時代・280年 1985年、江蘇省南京市江寧区索墅磚瓦廠1号墓出土 南京市博物総館蔵

22_「晋平呉天下大平」磚(拓本)_72dpi以下.jpg

「晋平呉天下大平」磚(拓本) 土製 西晋時代・280年 1985年、江蘇省南京市江寧区索墅磚瓦廠1号墓出土 南京市博物総館蔵

23_蟬文冠飾_72dpi以下_1907030005.jpg 

蟬文冠飾(せみもんかんしょく) 青銅製、金 西晋時代・3世紀 2003年、山東省臨沂市王羲之故居洗硯池1号墓出土 臨沂市博物館蔵

 

 

☆読者プレゼント 

   510名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

 本文:ご住所、お名前

    をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ねこがかわいいだけ展 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

ねこがかわいいだけ展

TokyoOK_04240.jpg 

 

猫好きによる猫好きのための究極の“にやにや空間”

かわいい猫を愛でる写真&アートの展覧会が、渋谷ヒカリエで開催中だ。

犬と並びペットとして飼育されている猫。

国内の予想飼育数は、ペットフード協会の調査によると、2016年時点では984.7万頭。

犬の987.8万頭より若干少なかった。

しかし、2017年の調査で、ネコ952.6万頭、イヌ892.0万頭。

同調査が開始されてから初めて逆転し、今や「ネコノミクス」といわれるほどペット界の王者だ。

「ぶさにゃん」「必死すぎるネコ」で猫の新しい魅力を引き出した沖昌之、

「のら猫拳」シリーズで猫のコミカルな面にスポットを当てた久方広之、

「世界で一番美しい猫の図鑑」で艶やかで憂いのある猫の表情を引き出したアストリッド・ハリソンなどのプロカメラマン写真を一挙に展示。

さらに、この展覧会では、以下の作家の作品に加えて「みんなの猫エリア」では、ねこがかわいいだけ展の公式サイトにて写真・動画の募集を行なった猫の写真を展示。

 ▼写真家

 石原さくら、ケニア・ドイ、久方広之、沖昌之、アストリッド・ハリソン

 ▼アート

 ・高木亮(切絵)、中山みどり(フェルト)、島田紘一呂(彫刻)

 

キュートでコミカルで美しい!それが猫!

また、会場には展覧会のオリジナルグッズはもちろん、 全国から集まった猫にまつわるグッズが勢ぞろい。

暑い毎日、忙しい毎日、疲れる毎日。

この展覧会はあなたの心の肉球

お見逃しなく。



TokyoOK_04183s.jpg 

 

TokyoOK_04227.jpg

 

日 程     2019.8.15thu)〜9.10tue

時 間     10:0020:30(最終入場20:00)※休館日ナシ

場 所     渋谷ヒカリエ9階ヒカリエホール

東京都渋谷区渋谷2-21-1

入場料:当日券 800

※小学生以下入場無料

主催:日本テレビ/読売テレビ/キョードーアジア/ディスクガレージ/イープラス/ぴあ/ローソンチケット/第一通信社

協賛: いなばペットフード

特別協力:ねこのきもち

協力:渋谷ヒカリエ

☆公式サイト

    https://nekogakawaii.com/

 

この展覧会は、東京、大阪などで開催中。

さらに、横浜、静岡で追加開催決定。

各会場それぞれ個性ある展示内容なので、会場めぐりの旅に出かけるのも悪くない。

※彫刻、フェルトは東京・大阪・横浜会場、

切絵は東京・大阪・横浜・新潟会場にて展示。

☆東京展 読者プレゼント 

   12名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:UPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

 ※画像および記事の無断転載禁止


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ヨシダナギ写真展「HEROES 2019」NAGI YOSHIDA [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

ヨシダナギ写真展「HEROES 2019

NAGI YOSHIDA

DSC_0042s.jpg 撮影  浦 典子

 

 

 

 

main.jpg

                                                             「LOST KAMUY」アイヌ民族(日本)

                                                            [コピーライト]nagi yoshida. All rights reserved.

 

世界中の少数民族を求めて命懸けの撮影の日々を過ごすフォトグラファー・ヨシダナギ。

その新刊写真集『HEROES』の発売を記念した写真展「HEROES 2019」が阪急うめだギャラリーにおいて好評開催中だ。

ブラジルの秘境アマゾンのエナウェネ・ナウエ族などをはじめ、昨年末に取材したばかりの最新作、アイヌ民族や北アフリカの砂漠の民ベルベル人を含む、BEST作品集「HEROES」から選りすぐりの作品を一堂に展示。

 

sub4.jpg

                                      HEROES

 

ヨシダナギがその足で出向き、その目で切り取った、地球上に今なお現存するヒーローたちの姿には、“ナギワールド”が広がる。

今回のうめだ会場には新作のグッズが数点と、アイヌのポストカードセットが新登場。sub2.jpg

                                                     「Bright of Desert」ベルベル(モロッコ)

 

sub1s.jpg

                                                       「Gone With the Wind」ボロロ族(マリ)

 

 

 

☆ヨシダ ナギ ( 英語表記:nagi yoshida )

sub3.jpg

                                                                  「フォトグラファー」ヨシダナギ

 

1986年生まれ、フォトグラファー。

幼少期からアフリカ人へ強烈な憧れを抱き「 大きくなったら彼らのような姿になれる 」と信じて生きていたが、自分は日本人だという現実を10歳で両親に突きつけられ、挫折。

2009年より単身でアフリカへ。

その後、独学で写真を学び、アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影、発表。

その唯一無二の色彩と生き方が評価され、TVや雑誌などメディアに多数出演。

2017年には日経ビジネス誌「次代を創る100人」、雑誌PENPen CREATOR AWARDS」に選出される。

同年、講談社出版文化賞【写真賞】を受賞。

20184月、ヨシダナギBEST作品集「HEROES」を発売。

写真集『SURI COLLECTION』(いろは出版)、アフリカ渡航中に遭遇した数々のエピソードをまとめた紀行本『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』(扶桑社)。

 

会期:2019821日(水)~26日(月)※最終日は18時閉場

阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー

日~木曜日=10:00~20:00

金・土曜日=10:00~21:00

※閉場30分前までにご入場のこと。

※催し最終日は午後6時閉場

入場料:一般・大学生 500円、高校生以下無料

阪急お得意様カード、ペルソナカード、エメラルドSTACIAカードのご呈示でご本人様に限り、入場料から100円割引

☆阪急うめだ本店

      http://www.hankyu-dept.co.jp

☆☆阪急うめだギャラリー

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/event/index.html

☆公式サイト 

      http://nagi-yoshida.com/

■ 会期中サイン会

824()13時~/14時~/15時~/16時~ ※各回50名様

25()13時~/14時~/15時~/16時~ ※各回50名様

会場:9F 阪急うめだギャラリー

参加方法:サイン会開催当日に、会場内のグッズ売り場にて対象商品をご購入の方に先着順にて当日の整理券配布。

※展覧会の入場券のご呈示が必要。

会場内にてポストカードセットをお買い上げいただいた方には、非売品のステッカーを1枚プレゼント。

☆展示写真作品販売

本展の展示作品は、すべて受注生産で購入可。約1ヵ月半後に受け取れる。

 

☆読者プレゼント 

   1020名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:UPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

※画像および記事の無断転載禁止

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

放映45周年特別企画 アルプスの少女ハイジ展 Heidi [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

放映45周年特別企画 

アルプスの少女ハイジ展 Heidi

~アルムの山が呼んでいる。~

DSC_0706.jpg

COPYRIGHTS  ZUIYO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

撮影  浦 典子

 

1974年の初回放映から45年を迎えた日本が誇る名作アニメ、「アルプスの少女ハイジ」。

これを記念した特別企画展が阪急うめだギャラリーにおいて好評開催中だ。

「アルプスの少女ハイジ」は、日本のみならず欧州各国、アラブ諸国やアフリカ・アジアなど世界中の国々でも放送された。

「アルプスの少女ハイジ」は、制作にあたり、海外現地調査(ロケーション・ハンティング)を行った日本で初めてのアニメだ。

調査には、高畑勲、宮崎駿、小田部羊一らが参加。そのルートも展覧会で記されている。

奇しくも201972日より東京国立近代美術館にて「高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの」が開催中だ。

☆高畑勲展公式サイト

https://takahata-ten.jp/

☆東京国立近代美術館

https://www.momat.go.jp/am/

さらに、オープニングテーマ「おしえて」(作詞 - 岸田衿子 / 作曲 - 渡辺岳夫)の渡辺岳夫もロケハンの第二陣に参加したという。

曲の始めのアルペン・ホルンとハープの音色とヨーデルのコーラスは、スイスで現地録音したものをミックス・ダウンした凝ったつくり。

渡辺岳夫は、「巨人の星」、「アタックNo.1」、「金メダルへのターン!」、「ミュンヘンへの道」などしスポ根もの主題歌の第一人者の作曲家で、その展開部の豊かな広がりには評価が高く、その作品群には作家の個性が顕著に表れている。

筆者は子供の頃、耳コピーをしてピアノで弾いていたくらい大好きな作曲家だ。

しかし、オープニングテーマ「おしえて」には、作家の個性をうまく表現しながらも抑えた作曲法を取り、親しみやすい作品に仕上げた。

彼の作品、「キャンディ・キャンディ」はフランスのテレビCMにも使われているのを筆者は目撃しているし、フランスの観光局のかたとロートレックの城に行く途中の車の中で、フランスのかたはフランス語で、筆者は日本語で大合唱した思い出がある。

その時にも、「おしえて」も歌ったのだ。「アルプスの少女ハイジ」がフランスで放映されていたと聞いたのは、その時が初めてで大変驚いたものだ。

日本コロムビアGOLD DISCが展示されている。

アニメで使われた「カウベル」などの効果音も現地で録音されたという。

 

DSC_0698.jpg

 

さらに絵コンテや、台本、当時使用されていたアニメーター動画机などの貴重な資料や、放映当時に販売されていた懐かしのグッズを展示。

さらにキャラクターデザイン・作画監督である小田部羊一氏による原画も展示。

設定画や現代でも活かされている「レイアウトシステム(場面設計)」、セル画なども展示され、制作工程がよくわかる。

また、ハイジの国・スイスの紹介も。

牛、ヒツジ、ヤギが絢爛な飾りベルトを施し、山の牧草地へと上がっていくのを祝福する初夏の伝統行事“牧のぼり”や“牧くだり”。

筆者が添乗員をしていた時、偶然に出くわしたことがある。

その時のお客様も、ハイジの国に来たくて参加したとおっしゃっていた。そして、バスの中では、「おしえて」の大合唱。

この作品は、スイスのイメージに貢献しているといえよう。

また、原作とアニメとの相違点にも言及し、なぜ変更したかも紹介されている。

 

製作は瑞鷹エンタープライズ(当時)の子会社、「ズイヨー映像」。

高橋茂人社長は「アルプスの少女ハイジ」を創るためにこの会社を興したのだ。

展覧会では、高橋茂人はプロデューサーとして何を目的に制作をしたか、そして制作の指針を明確に書いている。

美術背景は、可能な限り「実際の風景」を写すように指示している。

例えば、ゼーゼマン邸のモデルがフランクフルトのゲーテの生家などだ。

すなわち、実際に訪れるとアニメで見たとおりの風景が広がる。

大人になってから訪れた時の楽しみができるように考えられているのは、その地を訪れる楽しみになる。いわゆる「ロケ地めぐり」ができるのだ。

このことを知っていたら、添乗員時代、お客様にもっと具体的な説明ができたと思い、申し訳なく思っている。

アニメ、「アルプスの少女ハイジ」は、「お話の世界」で現実とは違うというがっかりをさせない子供の気持ちをわかってくれている。

誰もが物語の世界と現実の世界の融合を体験できるなんて、何とすばらしいことだろう。

 

DSC_0702.jpg

「アルプスの少女ハイジ」のタイトルも、スイスの作家ヨハンナ・シュピリ(またはスピリ)の児童文学作品が原作だが、原題は『Heidis Lehr- und Wanderjahre』(ハイジの修行時代と遍歴時代、1880年出版)と『Heidi kann brauchen, was es gelernt hat』(ハイジは習ったことを使うことができる、1881年出版)

だとこの展覧会は、挿絵作家の変遷と共に教えてくれている。

 

「ハイジから学ぶ幸せな生き方」には、忘れかけていた純粋さを思い起こされた。

過去最大級の企画展で、大変勉強になる展覧会だ。

この展覧会には、撮影可の場所があるので、ぜひカメラで撮影することをお勧めする。

 

DSC_0693.jpg        DSC_0695.jpg

 

DSC_0694.jpg

 

 

 

なお、2019717日~1013日、チューリッヒスイス国立博物館(Swiss National Museum.)で展覧会、“Heidi in Japan”が開催中だ。

☆チューリッヒスイス国立博物館

https://www.nationalmuseum.ch/e/microsites/2019/Zuerich/Heidi.php

https://www.nationalmuseum.ch/

以下、画像提供 スイス国立博物館(Swiss National Museum.)

※注 阪急うめだギャラリーでは以下の画像は展示されていない。

 

01.jpg

Heidi, created by Yoichi Kotabe specially for the exhibition at the National Museum Zurich.Swiss National Museum / Yoichi Kotabe

 

02.jpg 

Drawing for ‘Heidi, Girl of the Alps’ (Alpenmädchen Heidi) from 1974. Yoichi Kotabe

 

 

03.jpg

 

Drawing for ‘Heidi, Girl of the Alps’ (Alpenmädchen Heidi) from 1974 .Yoichi Kotabe

 

 

04.jpg 

Layout for the Japanese cartoon series ‘Heidi, Girl of the Alps’, first aired in 1974. Yoichi Kotabe

 

 

05.jpg

                                        A view of the exhibition. Swiss National Museum

 

06.jpg

                                        A view of the exhibition. Swiss National Museum

 

 

07.jpg

                                       A view of the exhibition. Swiss National Museum

 

このようにスイスの国立の博物館でも評価されている、アニメ、「アルプスの少女ハイジ」。

日本初の文化として胸を張りたい作品だ。

 

2019年(令和 元年)814()19(

阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー

日~木曜日=10:00~20:00

金・土曜日=10:00~21:00

※閉場30分前までにご入場のこと。

※催し最終日は午後6時閉場

入場料:一般・大学・高校生500円、中学生以下無料

阪急お得意様カード、ペルソナカード、エメラルドSTACIAカードのご呈示でご本人様に限り、入場料から100円割引

☆阪急うめだ本店

      http://www.hankyu-dept.co.jp

☆☆阪急うめだギャラリー

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/event/index.html

☆公式サイト

      http://www.heidi.ne.jp/

 

☆[ワークショップ]

カラーサンドをまぶして作る、懐かしの「砂絵」に加え、新しく「マジックねんど」が登場!

(参加費:各 税込 540円)

☆《杉山佳寿子トークショー開催》

[日時]817日(土)正午〜、午後3時〜 ※各回約30

[場所]阪急うめだ本店 9階 祝祭広場階段下ステージ

 アニメ制作時のエピソードや、声優・俳優としてのお話しも。

 お客様ご参加の「声優体験アテレコゲーム」も実施。

 

☆読者プレゼント 

   1020名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:UPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

 ※画像および記事の無断転載禁止

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

シルバニアファミリー展Sylvanian Families森の仲間たちの素敵な世界。ここに登場!! [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

シルバニアファミリー展

Sylvanian Families

森の仲間たちの素敵な世界。ここに登場!!

表紙.jpg

EPOCH

 

1985年、エポック社から発売されたおもちゃの「シルバニアファミリー」。

9種類の動物の家族、1つのお家と11種類の家具というシリーズで誕生し、手のひらサイズのかわいいお人形や本物志向のお家、こだわりの家具は子どものみならず大人をも取り込み、社会現象にもなった。

1958年、第一号商品「野球盤」の開発・発売を行なったエポック社は、1985年、「シルバニアファミリー」で通産大臣賞受賞している。

そのシルバニアファミリー史上最大規模の展覧会が名古屋三越において好評開催中だ。

33年を経た今、60の国と地域で親しまれているロングセラー玩具となり、世界累計販売数は人形で15,000万体以上にものぼるという。

人形をはじめ、お家や家具など国内で販売された約1,000点以上を一堂に公開。

また、30年以上つづく「シルバニア通信」など、貴重な資料も公開。

さらに、シルバニア村を再現した大型ジオラマの他、日本ドールハウス協会やドールハウス作家、 学生とのコラボ作品なども展示。

“篠原ともえ×シルバニアファミリー”特別展示。

シルバニアファミリー初めてのモノトーンスタイルとマリンスタイルのファッションコレクションを展示。

筆者は、幼い頃、ヨーロッパのドールハウスを買ってもらった。これは、高価で貴重なものだから鑑賞用と応接間に飾られていた。

自然とあまり触らなくなり、中に自分が入り込んだつもりの空想をして楽しんでいた。

しかし、「シルバニアファミリー」は、気軽に触ったり、人形遊びをしたりできる品だ。

筆者が家庭教師をしていた教え子の家には、「シルバニアファミリー」の大きなハウスと人形がたくさんあり、休憩時間には教え子の一番小さな妹と筆者は一緒に遊んだりしていた。

動物を思いやる心の優しい子に育っていてくれていた。

そんな思い出が走馬灯のように思い出された。

「シルバニアファミリー」は、優しい心をはぐくみ、想像力を豊かにする。

また、「シルバニアファミリー」を使用したアートも盛んになりつつある。

手のひらサイズの「シルバニアファミリー」は、日本生まれ。

小さな人形だが、今では世界各国で愛される、真の日本文化の「大使」だ。

この展覧会には、撮影可の場所があるので、ぜひカメラで撮影することをお勧めする。

名古屋三越は、筆者が全日空のCA時代、名古屋泊りの際には、買い物に行っていた店。

買い物をするのなら名古屋でというのが、一番流行のものを早く安く手に入れる秘訣なのだ。

バーゲンに入るのが一番全国で早いのが名古屋だ。

名古屋には契約ホテルが何箇所かあるが、栄に位置しているホテルだとクルーは買い物がしやすいと好評だった。

また、筆者の友人が名古屋三越で働いていたこともあり、名古屋三越にはことのほか親しみを感じているのもこの記事を書こうと思ったきっかけにひとつだ。

この記事を書くための取材に際し、広報およびスタッフのかたがた、さらに企画制作の東映のかたの連携、協力は大変スムーズで、いい意味で「プロ」の仕事であった。

この展覧会をご覧になる時には、水面下で多くの労力が施されていることを感じながら鑑賞していただきたい。

名古屋三越で行われている展覧会を紹介するのは、初めてだがこれをご縁に名古屋三越のアート系イベントの記事で紹介して行きたいと思う。

 

☆構成

① 歴代のシルバニアファミリー商品の展示

人形をはじめ、お家や家具など、国内外で販売された1,000種類以上を一堂に展示。

② 新作のコラボレーション作品の特別展示

日本ドールハウス協会やドールハウス作家さんも参加し、本展のための新作ドールハウスを公開。学生たちによるドレスコンテストや、映像や絵画のコラボ作品も発表。

③ シルバニア村を再現した大型ジオラマ

いろいろな角度から細部をじっくりと楽しめる、2.7m×2.7の大型ジオラマが登場!

④「シルバニアファミリー展」限定/先行商品の販売 

展示会限定人形として、オリジナルのお洋服を着たショコラウサギファミリーとカップルのお人形セット発売。

展示会場でしか買えない限定商品約250点の他、最新商品が集合!



ハウス(初代) 1985年.jpg 

                                                                       ハウス(初代) 1985

 

赤い屋根の大きなお家 1995年.jpg

                                                        赤い屋根の大きなお家 1995

 

 

シルバニア村を再現した大型ジオラマ.jpg

                                                         シルバニア村を再現した大型ジオラマ

 

 

 

2019年(平成31年)717()819()

各日午前10時~午後6

7階 催物会場〈最終日午後5時閉場・入場は閉場の30分前まで〉

□主催/シルバニアファミリー展名古屋実行員会

□協力/日本ドールハウス協会、文化服装学院、武蔵野美術大学、日本工学院専門学校

□特別協力/エポック社

□企画制作/東映

□入場料(当日券)/ 一般(中学生以上) 1,200円、こども(3歳以上小学生以下) 600

3歳未満入場無料。 ※小学生以下のお子さまのみのご入場不可。 ※エムアイカード・エムアイ友の会カード・株主様ご優待カードのご提示でご本人さま無料。 ※障害者手帳各種のご提示でご本人さまならびにお連れさま1名さままで無料。

☆名古屋三越

https://www.mitsukoshi.mistore.jp

☆公式サイト

https://www.sylvanianfamilies.com/ja-jp/special/event/190115_sften/

https://www.sylvanianfamilies.com/

☆東海テレビ

https://www.tokai-tv.com

 

☆読者プレゼント

510名様にご招待券 プレゼント

あて先:loewy@jg8.so-net.ne.jp

件名:展覧会名と会場名

本文:ご住所、お名前

をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:UPした日の午前零時

発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

 ※画像および記事の無断転載禁止

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 Vienna on the Path to Modernism The 150th Anniversary of the Establishment of Diplomatic Relations between Japan and Austria [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

日本・オーストリア外交樹立150周年記念

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

Vienna on the Path to Modernism

The 150th Anniversary of the Establishment of Diplomatic Relations between Japan and Austria

 

1.グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》.jpg

グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》1902年 油彩/カンヴァス 178 x 80 cm ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

現在オーストリアの首都、ウィーンの「世紀末文化」を「近代化(モダニズム)への過程」という視点から紐解く新しい試みの展覧会が、国立新美術館において好評開催中だ。

今日では「世紀末芸術」と呼ばれるように19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、工芸、デザイン、ファッションなど、それぞれの領域を超えて、新しい芸術を求める動きが盛んになり、ウィーン独自の装飾的で煌びやかな文化が開花していた。

 画家グスタフ・クリムト(1862-1918)やエゴン・シーレ(1890-1918)、建築家オットー・ヴァーグナー(1841-1918)、ヨーゼフ・ホフマン(1870-1956)、アドルフ・ロース(1870-1933)など各界を代表する芸術家たちが登場し、ウィーンの文化は黄金期を迎えていた。

それは美術の分野のみならず、音楽や精神医学など多岐にわたるものであった。

この展覧会では、18世紀の女帝マリア・テレジアの時代の啓蒙思想がビーダーマイアー時代に発展し、ウィーンのモダニズム文化の萌芽となって19世紀末の豪華絢爛な芸術運動へとつながっていった軌跡をたどる。

2019年の今年は、日本とオーストリアの外交樹立150周年を迎える。

これを記念にするにふさわしい展覧会だ。

ヨーロッパ有数の博物館として知られ、100万点におよぶ所蔵品でウィーンの歴史や文化を今に伝えるウィーン・ミュージアム。

この改修工事に伴い、同館の主要作品をまとめて公開する展覧会が実現したのも、日本とオーストリアの外交樹立150周年として実にいいタイミングだ。

出展作品は、個人所蔵の作品をあわせて東京展で約400点。

絵画や工芸はもちろん、建築、デザイン、インテリア、ファッション、グラフィックデザインなど、当時の写真や資料、この展覧会のために特別に制作されたウィーン市の都市変遷映像など、“芸術の都”ウィーンで育まれた芸術世界を網羅的に紹介する展示内容もこの展覧会の特徴だ。

☆ウィーン ミュージアム(WIEN MUSEUM

https://www.wienmuseum.at/

クリムト47点、シーレ22点、ココシュカ17点。

ウィーン世紀末の巨匠の傑作が集結。

クリムトが最愛の女性を描いた≪エミーリエ・フレーゲの肖像≫をはじめとする油彩画に加え、素描、ポスターなどのグラフィックを通して、モダニズムの黄金時代を築いた作家たちの作品世界に深く迫っている。

また、クリムトに影響を与えた画家ハンス・マカルト(1840-1884)による1879年の皇帝フランツ・ヨーゼフと皇后エリーザベトの銀婚式記念パレードの絵画、作曲家アルノルト・シェーンベルク(1874-1951)が描いた絵画も見どころのひとつだ。

2.グスタフ・クリムト《パラス・アテナ》.jpg

グスタフ・クリムト《パラス・アテナ》1898年 油彩/カンヴァス 75 x 75 cm ウィーン・ミュージアム蔵 

[コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

3.グスタフ・クリムト《第1回ウィーン分離派展ポスター》(検閲後).jpg

グスタフ・クリムト《第1回ウィーン分離派展ポスター》(検閲後) 1898年 カラーリトグラフ 97 x 70 cm 

ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

4.エゴン・シーレ《ひまわり》.jpg

エゴン・シーレ《ひまわり》1909-10年 油彩/カンヴァス 149.5 x 30 cm ウィーン・ミュージアム蔵 

[コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

5.エゴン・シーレ《自画像》.jpg

エゴン・シーレ《自画像》1911年 油彩/板 27.5 x 34 cm ウィーン・ミュージアム蔵 

[コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

6.マクシミリアン・クルツヴァイル《黄色いドレスの女性(画家の妻)》.jpg

マクシミリアン・クルツヴァイル《黄色いドレスの女性(画家の妻)》1899年 油彩/合板 171.5 x 171.5 cm 

ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

7.グスタフ・クリムト《愛》.jpg

グスタフ・クリムト《愛》(『アレゴリー:新連作』のための原画 No.461895年 油彩/カンヴァス 62.5 x 46.5 cm ウィーン・ミュージアム蔵 

[コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

12.ハンス・マカルト《ドーラ・フルニエ=ガビロン》.jpg

ハンス・マカルト《ドーラ・フルニエ=ガビロン》1879-80年頃 油彩/板 145 x 93.5 cm ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

東京都美術館で行われていた「クリムト展 ウィーンと日本 1900」については以下に記しているので参照されたし。

☆クリムト展 ウィーンと日本 1900 Gustav Klimt: Vienna Japan 1900

   https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2019-07-02

 

☆構成

1章:啓蒙主義時代のウィーン

 女帝マリア・テレジアとその息子、皇帝ヨーゼフ2世が統治した1740年代から90年代のハプスブルク帝国の首都ウィーンでは、啓蒙主義に基づいた社会の変革が行われた。

理性や合理主義に基づき、社会の革新を目指す啓蒙主義の思想がウィーンに入ってきたのは、他のヨーロッパ諸国に比べ早くなかったが、この思想の熱烈な支持者であったヨーゼフ2世は、宗教の容認、死刑や農奴制の廃止、病院や孤児院の建設など、行政や法律、経済、教育においてさまざまな改革を実行。

ウィーンは、自由な精神をもつ知識人たちを魅了し、彼らの交流の場となることで、ヨーロッパ文化の中心地へと変貌を遂げていった。



8.マルティン・ファン・メイテンス《マリア・テレジア(額の装飾画:幼いヨーゼフ2世)》.jpg

マルティン・ファン・メイテンス《マリア・テレジア(額の装飾画:幼いヨーゼフ2世)》1744年 油彩/カンヴァス 216.2 x 162.5 cm ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

2章:ビーダーマイアー時代のウィーン

 ナポレオン戦争終結後の1814年には、各国の指導者たちが集まったウィーン会議が開催され、ヨーロッパの地図が再編された。

以降、1848年に革命が勃発するまでの期間は、「ビーダーマイアー」(独: Biedermeier)と呼ばれる。

ビーダーマイアーとは、ビーダーマンとブンメルマイアーの合成語で、「愚直な人」という意味だ。

ドイツの風刺週刊誌『フリーゲンデ・ブレッター』 (Fliegende Blatter) の中に登場する、架空の小学校教員ゴットリープ・ビーダーマイアーに由来する。

彼は、家庭の団欒や身の回りの食器や家具などに関心を向け、簡素で心地よいものを好み、華美な家具や服装を嫌った。

当初、家具の様式を指す言葉であったが、やがてこの時代の生活様式全般と精神構造を表すようになる。

また、身の回りの小世界を描くロココ趣味的なウィーンの画家たちの作品を指して「ビーダーマイアー様式」と呼ぶようにもなった。

急激な都市化と同時に政治的抑圧が強かったこの時代、それに対する反動として、人々の関心は「私的な領域」へ向く。

あらゆる著作物に対し検閲が実施されるという抑圧された環境の中、画家たちがテーマとして選んだのは、日常生活やのどかで親しみやすい都市や農村の風景画であった。

世紀末芸術が花開いた1900年頃のウィーンでは、ビーダーマイアーが文化の着想源として参照された。

日常生活に実用的な美を見出したビーダーマイアーは、後にモダニズムのモデルとなった。

ビーダーマイアーに関しては、奇しくも「国立新美術館開館5周年  リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」の筆者の記事を参照されたし。

☆国立新美術館開館5周年  リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝 

https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2012-12-06

 この記事には、「ビーダーマイヤー」と記しているが、今回の展覧会では、「ビーダーマイアー」と統一して記されているので、こちらを採用して記す。

 

11.フリードリヒ・フォン・アメリング《三つの最も嬉しいもの》.jpg

フリードリヒ・フォン・アメリング《3つの最も嬉しいもの》1838年 油彩/カンヴァス 80 x 80 cm 

ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

3章:リンク通りとウィーン

 皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の治世(1848年-1916年)に、ウィーンは帝国の近代的首都へと変貌を遂げる。

人口は、50万人から220万人にまで増加。

 近代的な大都市への変貌は、1857年に皇帝が都市を取り囲む城壁の取り壊しを命じ、新しいウィーンの大動脈となる、「リンク通り(リンクシュトラーセ)」を開通させたことに始まる。 

沿道には帝国の要となる建築物が次々と建設された。

  リンク通りは19世紀のウィーンの象徴(シンボル)であるといえよう。

1879年には画家ハンス・マカルト演出による皇帝夫妻の銀婚式を記念する盛大な祝賀パレードが開催。

また、沿道には、古典主義様式の国会議事堂、ゴシック様式の奉献教会、ルネサンス様式の大学など歴史主義建築の建物が立ち並び、さらに19世紀末にはウィーン分離派のメンバーによる建築も建設された。

 

4章:1900年―世紀末のウィーン

カール・ルエーガーがウィーン市長として活躍した時代(1897年-1910年)には、さらに都市の機能が充実する。

路面電車や地下鉄など公共交通機関も発展し、建築家オットー・ヴァーグナーがウィーンの都市デザイン・プロジェクトを数多く提案。

計画のみに終わったものもあるが、今日のウィーンの街並みは、実現されたヴァーグナーの建築によって印象付けられている。

絵画の分野では、1897年にグスタフ・クリムトに率いられた若い画家たちのグループが、オーストリア造形芸術家組合(ウィーン分離派)を結成。

1903年には、工芸美術学校出身の芸術家たちを主要メンバーとして、ウィーン工房が設立。

ウィーン分離派やウィーン工房の重要なパトロンはユダヤ人富裕層だった。

芸術家たちの実験的な精神や妥協のない創作が、この時代の傑作の数々を生み出したのだ。



9.フランツ・ルス(父)《皇后エリーザベト》.jpg

フランツ・ルス(父)《皇后エリーザベト》1855年 油彩/カンヴァス 81.5 x 58 cm ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

10.ハンス・マカルト《1879年の祝賀パレードのためのデザイン画―菓子製造組合》.jpg

ハンス・マカルト《1879年の祝賀パレードのためのデザイン画―菓子製造組合》1879年 油彩/カンヴァス 64 x 285.3 cm 

ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

13.モーリツ・ネーア《郵便貯金局メインホール》.jpg

モーリツ・ネーア《郵便貯金局メインホール》1906年 写真 65.5 x 85 cm ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum

 

 

14.ダゴベルト・ペッヒェ《ティーセット》.jpg

ダゴベルト・ペッヒェ《ティーセット》製作:ウィーン工房 1922-23年 象牙、エンボス加工された銀ティーポット: 19.9 x 27.4 x 16.2 cm 

ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

15.カール・モル《朝食をとる母と子》.jpg

カール・モル《朝食をとる母と子》1903年 油彩/カンヴァス 100.3 x100 cm ウィーン・ミュージアム蔵 

[コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

16.《エミーリエ・フレーゲのドレス》.jpg

《エミーリエ・フレーゲのドレス》2008年再製作(オリジナル:1909年) コットンジャージー、シルクタフタ、オーガンザ 前丈:150 cm、後丈:170 cm、袖丈:63 cm ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

 

17.オットー・ヴァーグナー《カール・ルエーガー市長の椅子》.jpg

オットー・ヴァーグナー《カール・ルエーガー市長の椅子》1904年 ローズウッド、真珠母貝の象嵌、アルミニウム、革 高さ:99 cm、幅:63 cm ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

以下ヨーゼフ・ホフマン《ブローチ》の画像はフォトギャラリーを参照されたし。

https://art-news-jp.jimdo.com/2019/07/23/ウィーン-モダン-クリムト-シーレ-世紀末への道-フォトギャラリー/

 

ヨーゼフ・ホフマン《ブローチ》製作:ウィーン工房 1908-10年 銀、金箔、瑪瑙、アメジスト、赤鉄鉱、碧玉、トルコ石、ムーンストーン、珊瑚 4.9 x 4.9 cm International Friends of Wien Museum, A.P.Collection [コピーライト]Asenbaum Photo Archive

 

 

19.エゴン・シーレ《女性の肖像》.jpg

エゴン・シーレ《女性の肖像》(ウィーン工房ポストカード No.289) 1910年 カラーリトグラフ 14 x 9 cm 

ウィーン・ミュージアム蔵 [コピーライト]Wien Museum / Foto Peter Kainz 

 

 

音楽の都としても知られるウィーンだが、建築、絵画と多くの文化を生み出して来た。

筆者が初めてウィーンを訪れた時、街並みの美しさと「世紀末文化」が保存されていることに衝撃を受け、また行ってみたいと強く思ったものだ。

物価もフランスなどより安く、訪れやすい。

水道水はアルプスからの水でおいしい。すばらしい美術作品も多く、食べ物も美味。

ANAのいったん途切れたウィーンへの直行便も今は再開されている。

そんなウィーンを新たな観点から文化のプロセスを探る展覧会。

85日(月)まで。お見逃しなく。

 

会 期

2019424日(水)~85日(月)

毎週火曜日休館

開館時間

10001800

※毎週金・土曜日は2100まで

※入場は閉館の30分前まで

会 場

国立新美術館 企画展示室1E

106-8558 東京都港区六本木7222

主 催

国立新美術館、ウィーン・ミュージアム、読売新聞社

後 援

外務省、オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム、ウィーン市、ウィーン市観光局

特別協賛

キヤノン

協 賛

花王、大日本印刷

協 力

ANA、DNPアートコミュニケーションズ、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン、ルフトハンザ カーゴ AG

 

観覧料(税込)

当日

1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)

団体

1,400円(一般)、1,000円(大学生)、600円(高校生)

※中学生以下および障がい者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料。

 

お問合せ

ハローダイヤル 03-5777-8600

 

☆展覧会ホームページ

      https://artexhibition.jp/wienmodern2019/

 

☆国立新美術館ホームページ

     http://www.nact.jp

 

☆関連イベント

◯ウィーン・モダン×文化服装学院コラボレーション企画

日本随一のファッション専門学校、文化服装学院とのコラボレーションが実現!

文化服装学院オートクチュール専攻の学生が《エミーリエ・フレーゲの肖像》に描かれた青のドレスを再現。

さらに、ファッション高度専門士科3年の学生によって、現代の感性でエミーリエ・フレーゲにインスピレーションを受けたドレスを制作。

本展期間中、この2つのドレスを会場内にて特別展示。

展示場所:本展会場内(国立新美術館 企画展示室1E)休憩室

*展示場所への入場には本展の観覧券が必要。

*本作品は自由に撮影可。

 

☆読者プレゼント 

   510名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

      締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   速達など最速の方法でお送りいたします。

発送をもって当選と代えさせていただきます。

 

☆巡回予定

   2019827日(火)?128日(日)国立国際美術館(大阪・中之島)

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

オーバリン大学アレン・メモリアル美術館所蔵 メアリー・エインズワース浮世絵コレクションUkiyo-e Prints from the Mary Ainsworth Collection, Allen Memorial Art Museum, Oberlin College [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

オーバリン大学アレン・メモリアル美術館所蔵 

メアリー・エインズワース浮世絵コレクション

Ukiyo-e Prints from the Mary Ainsworth Collection,

Allen Memorial Art Museum, Oberlin College

 

                                                                                                            画像はすべて アレン・メモリアル美術館蔵



9 喜多川歌麿《美人気量競 五明楼 花扇》1950.418.jpg 

喜多川歌麿《美人気量競 五明楼 花扇》アレン・メモリアル美術館蔵

 

 世界で1点しか存在しない、または現存数の少ない貴重な初期浮世絵などを所蔵するエインズワースの浮世絵コレクションをまとめて紹介する展覧会が、静岡市美術館において好評開催中だ。

 アメリカ・オハイオ州オーバリン大学のアレン・メモリアル美術館(Allen Memorial Art Museum, Oberlin College)には、1950年にアメリカ人女性メアリー・エインズワース(Mary Ainsworth)の寄贈した1500件以上の浮世絵や版本が所蔵されている。

 エインズワースは、明治39(1906) 年来日し、浮世絵に魅了された。

最初に収集したのは初期浮世絵で、世界に1点しかない稀少作を含め100点近くある。

以降約25年間にわたり初期浮世絵から幕末の北斎・ 広重まで幅広く収集した。

コレクションの過半数を占めるのは歌川広重の作品で、保永堂版《東海道五拾三次之内》や《名所江戸百景》などの有名作に初摺や優品が多く、質量共に大変優れている。

また、六大浮世絵師(春信、清長、歌麿、写楽、北斎、広重)の作品も揃い、エインズワースの浮世絵コレクションで浮世絵の歴史を辿ることができるくらいその収集はバランスがよい。

しかし、エインズワースの浮世絵コレクションは一部浮世絵研究者の間では注目されていたが、アメリカでもあまり紹介される機会はなかった。

この展覧会は、現地調査を行ない、それをもとに選りすぐりの200点を展観するもの。

エインズワースの浮世絵コレクションの全容 を日本に紹介する初めての里帰り展だ。

 

 

☆見どころ

・日本初!エインズワースの浮世絵コレクションをまとめて紹介

・世界で1点!現存数の少ない貴重な初期浮世絵も展示

・これぞ浮世絵名品展!六大浮世絵師の優品が一堂に

・浮世絵で江戸の旅!北斎の赤富士で知られる《冨嶽三十六景》や広重の代表作 《東海道五拾三次之内》、《名所江戸百景》は名品を厳選して紹介

 

☆メアリー・A・エインズワース(Mary Andrews Ainsworth

1867年:アメリカ・イリノイ州ヘンリー郡ジェネシオで生まれる

1885年:18歳 オーバリン大学に入学

1889年:22歳 オーバリン大学卒業

1905年:38歳 アジアを旅行、翌年来日、浮世絵に出会う

      以降、約25年かけて浮世絵収集がはじまる

1950年:83歳で死去。

死後、遺言により、膨大な浮世絵版画・版本のコレクションは母校・オーバリン大学に寄贈

 

☆目利きの米国女性エインズワース

メアリー・エインズワースは、アメリカでも早くに浮世絵の収集をはじめたコレクターの一人だ。

海外のなかでも浮世絵コレクターが多いアメリカだが、有名なコレクターのほとんどが男性である。メアリー・エインズワースは、その中で肩を並べる目利きの女性コレクター。

日本でも昭和13(1938)年に出された浮世絵コレクターの番付表「古今東西浮世絵数寄者総番付」の「外人数寄者いろは番付」内にその名が掲載されている。

 

メアリー・エインズワースのコレクションは 「初期浮世絵」からはじまったという。

彼女が最初に手に入れた浮世絵は、石川豊信の「初期浮世絵」。

 

☆世界で一点しか見つかっていない稀少作!

6 鳥居清倍《雪中傘を差す遊女と侍女》1950.148.jpg

鳥居清倍《雪中傘を差す遊女と侍女》

 

美人画で有名な鈴木春信の役者絵や天神図 これも世界で1点しか見つかっていない。

さらに娘が水にさらす布の「きめ出し」 というエンボス技法が際立つ 鈴木春信《「六玉川 調布の玉川」》も見逃せない。

 


7 鈴木春信《もんがく上人 市川団十郎平の清もり 沢村宗十良》》1950.226.jpg

鈴木春信《もんがく上人 市川団十郎平の清もり 沢村宗十良》


色を使わず表現する 錦絵の祖・鈴木春信の“白”。

余白の美を大切にする日本人の美意識を具現化している。

團十郎の「團」の字は、十一代目 市川海老蔵が指摘しているように本来「團」だが、ここでは美術館提供のキャプションを採用することとする。

 

  ☆「大首絵」(役者や美人の胸像)の優品がずらり 顔の特徴にも注目。

     画像掲載はできないが、勝川春英 《三代目瀬川菊之丞の油屋おそめ》のかんざしの先には 菊の蝶(菊之丞)が描かれているのをぜひ鑑賞していただきたい。

 

  歌川国芳《大物浦平家の亡霊》には、よく見ると大波の先には平家の亡霊。

様々な色のシルエットが描かれている。

  十一代目 市川 海老蔵が現在、歌舞伎座の七月大歌舞伎で「通し狂言 星合世十三團」(ほしあわせじゅうさんだん)において十三役(報道発表は十三役だが、実際には十四役)を演じているが、『義経千本桜』のうちの大物浦(だいもつうら)の場面で渡海屋銀兵((とかいやぎんぺい)実は平知盛(たいら の とももり)も役の一つ。

   そのエピソードを現在行われている歌舞伎と当時の浮世とかい絵を両方考えながら鑑賞すると楽しみが倍増する。

 

5 歌川国芳《大物浦平家の亡霊》1950.665.jpg

                                      歌川国芳《大物浦平家の亡霊》

   

    ☆七月大歌舞伎

https://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/623

 

  また、ゴッホも模写した歌川広重《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》は、船がないものが 一般的だが、船二艘を描く 変わった摺もメアリー・エインズワースは所蔵していた。

 

1 歌川広重《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》.jpg

  歌川広重《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》

  

  さて、喜多川歌麿の7枚続の浮世絵《見立唐人行列》を、栃木県那須塩原市の北貞夫医師が自宅で保管していることが2019712日、発表された。

   海外の数カ所の美術館は所蔵しているが、国内で7枚全てがそろっているのが確認されるのは初めてだ。

   その海外の美術館の一つが、このオーバリン大学アレン・メモリアル美術館所蔵 メアリー・エインズワース浮世絵コレクションなのだ。

   《見立唐人行列》は179798(寛政910)年の作品とされ、朝鮮王朝の外交使節「朝鮮通信使」を女性に置き換えて描いている。異国風の帽子をかぶったり、旗を持っていたりする姿が描かれている。

   塩原市の北貞夫医師所蔵のものは個人蔵なので、簡単には鑑賞できないであろう。しかし、この展覧会に展示されている作品ならば、誰でも鑑賞できる。

この展覧会開催中のタイムリーなニュースだ。

もしかしたら、この展覧会がきっかけとなって発表されたのかもしれない。

  2019年現在、《見立唐人行列》が2作品、日本に存在している。

歴史上、大変稀有な出来事だ。

今回発見の個人蔵のものと本展出品作品を同列に語るつもりはないが、2作品を日本で鑑賞できるのではないかと誤読されることのないよう注意いただだきたい。

作品群の希少性についての解説も前段の表現で十分ではないかと思われるかもしれないが、しつこく書いているのは、その珍しさを理解いただきたいがためだ。

北貞夫医師所蔵版とメアリー・エインズワース浮世絵コレクションを見比べてみたいものだ。

世界で1つしか存在しない作品やレア作品が展示されている大変貴重な展覧会。

ぜひ、お見逃しなく。

 

☆構成

1章 「浮世絵の黎明 墨摺絵からの展開」

2章 「色彩を求めて 紅摺絵から錦絵の時代へ」

3章 「錦絵の興隆 黄金期の華 清長から歌麿へ」

4章 「風景画時代の到来 北斎と国芳」

5章 「エインズワースの愛した広重」



2 葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》.JPG 

                              葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》

 

 

3 葛飾北斎《冨嶽三十六景 山下白雨》1950.712.jpg

                               葛飾北斎《冨嶽三十六景 山下白雨》

 

 

4 歌川広重《東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪》1950.806.jpg

                     歌川広重《東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪》

 

 

8 東洲斎写楽《二代目小佐川常世の一平姉おさん》1950.436.jpg

 東洲斎写楽《二代目小佐川常世の一平姉おさん》

 

■開催期間  201968日(土)~728日(日)【44日間】   

休館日/毎週月曜日(ただし月曜祝日の場合は開館、翌日休館)

 

☆問い合わせ 静岡市美術館(電話054・273・1515)

 

☆静岡市美術館 公式サイト

    http://www.shizubi.jp/

  

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

オーバリン大学アレン・メモリアル美術館所蔵 メアリー・エインズワース浮世絵コレクションUkiyo-e Prints from the Mary Ainsworth Collection, Allen Memorial Art Museum, Oberlin College [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

オーバリン大学アレン・メモリアル美術館所蔵 メアリー・エインズワース浮世絵コレクションUkiyo-e Prints from the Mary Ainsworth Collection, Allen Memorial Art Museum, Oberlin College

 

「仮UP

校正後、「本UP」のため、原稿に変更が出る場合あり。

 

9 喜多川歌麿《美人気量競 五明楼 花扇》1950.418.jpg 

    喜多川歌麿《美人気量競 五明楼 花扇》

    アレン・メモリアル美術館蔵

 

 世界で1点しか存在しない、または現存数の少ない貴重な初期浮世絵などを所蔵するエインズワースの浮世絵コレクションをまとめて紹介する展覧会が、静岡市美術館において好評開催中だ。

 アメリカ・オハイオ州オーバリン大学のアレン・メモリアル美術館(Allen Memorial Art Museum, Oberlin College)には、1950年にアメリカ人女性メアリー・エインズワー ス(Mary Ainsworth)の寄贈した1500件以上の浮世絵や版本が所蔵されている。

 エインズワースは、明治39(1906) 年来日。

その際、浮世絵に 魅了され、最初に収集したのは初期浮世絵で、世界に1点しかない稀少作を含め100点近く収集した。

以降約25年間にわたり初期浮世絵から幕末の北斎・ 広重まで幅広く収集。

コレクションの過半数を占めるのは歌川広重の作品で、保永堂版《東海道五拾三次之内》や《名所江戸百景》などの有名作に初摺や優品が多く、質量共に大変優れている。

また、六大浮世絵師(春信、清長、歌麿、写楽、北斎、広重)の作品も揃い、エインズワースの浮世絵コレクションで浮世絵の歴史を辿ることができるくらいその蒐集はバランスがよい。

しかし、エインズワースの浮世絵コレクションは一部浮世絵研究者の間では注目されていたが、アメリカでもあまり紹介される機会はなかった。

今回が初めてという作品もあり、大変貴重な展覧会。

 

 

 

 

☆見どころ

・日本初!エインズワースの浮世絵コレクションをまとめて紹介

・世界で1点!現存数の少ない貴重な初期浮世絵も展示

・これぞ浮世絵名品展!六大浮世絵師の優品が一堂に

・浮世絵で江戸の旅!北斎の赤富士で知られる《冨嶽三十六景》や広重の代表作  《東海道五拾三次之内》、《名所江戸百景》は名品を厳選して紹介

 

 

ぜひ、お見逃しなく。

 

■開催期間  201968日(土)~728日(日)【44日間】   

休館日/毎週月曜日(ただし月曜祝日の場合は開館、翌日休館)

715日(月・祝)は開館

 

☆問い合わせ 静岡市美術館(電話054・273・1515)

 

☆静岡市美術館 公式サイト

    http://www.shizubi.jp/

 

☆関連イベント 

浮世絵摺り体験「摺師(すりし)に挑戦!広重の《保永堂版東海道 四日市》を摺ろう」

「オーバリン大学アレン・メモリアル美術館所蔵 メアリー・エインズワース浮世絵コレクション ―初期浮世絵から北斎・広重まで」関連イベント。

歌川広重《保永堂版東海道 四日市》(部分図)の摺り作業を体験。

[日  時]

2019713()715(月・祝)

13001630の間随時実施 ※110分程度

[会  場]

当館多目的室

[参 加 料]

無料

[申  込]

申込不要(当日直接会場へ)

 

☆読者プレゼント 

   510名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

   速達などで発送し、お届けには最善をつくします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

クリムト展 ウィーンと日本 1900 Gustav Klimt: Vienna – Japan 1900 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

クリムト展 ウィーンと日本 1900

Gustav Klimt: Vienna  Japan 1900

 

待望のクリムト展、過去最大級。

1ユディトⅠ_クレジット入り(Cガード不要).jpg

グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》

1901年 油彩、カンヴァス 84×42cm

ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

[コピーライト] Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll

 

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(Gustav Klimt 1862-1918)。

華やかな装飾性と世紀末的な官能性をあわせもつその作品は、いまなお圧倒的な人気を誇る。

東京都美術館においてクリムトの2018年の没後100年を記念する展覧会が好評開催中だ。

また、2019年はオーストリアと日本の友好150周年を迎える記念の年でもある。

この展覧会では、初期の自然主義的な作品から、分離派結成後の「黄金様式」の時代の代表作、甘美な女性像や数多く手掛けた風景画まで、《ユディトI》など貴重な油彩画を含む日本では過去最多となる25点以上のクリムトの油彩画を紹介。

クリムトについては以下などで記しているので参照されたし。

☆生誕1 5 0 年記念クリムト  黄金の騎士をめぐる物語

    https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2013-02-02

    https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2013-03-28

    https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2013-05-28-1

 

  さらにこの展覧会の特徴は、クリムト作品の世界的殿堂ともいえるウィーンのベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館(Schloss Belvedere)の所蔵作品を中心に、クリムトの画業の変遷と共にクリムトが影響を受けた日本の美術品や同時代のウィーンで活動した画家たちの作品も展示されていること。

  19世紀末のウィーンで紹介された日本の工芸品や絵画を通して、クリムトが受けたジャポニスムの影響にも言及されている。

また、ウィーンの分離派会館を飾る壁画の精巧な複製による再現も見逃せない。

 

 ☆グスタフ・クリムトとは? 

グスタフ・クリムト(18621918)はウィーンの世紀末美術を代表する画家。

クリムト独自の甘美で装飾的なスタイルは、今なお多くの人々を魅了し続けている。

保守的なウィーン美術家組合を嫌った芸術家達によって1897年にウィーン分離派が結成された。

クリムトは初代会長を務めた分離派は古典的、伝統的な美術からの分離を標榜する若手芸術家のグループである。

この分離派は展覧会、出版などを通してモダンデザインの成立に大きな役割を果たした。

クリムトは1902年に開催された分離派によるベートーヴェン展に大作『ベートーヴェン・フリーズ』を出品したが、世間から反感を買ってしまう。

この作品は長年行方不明となっていたが、1970年にオーストリア政府により買い上げられて修復を受け、現在ではセセッション館(分離派会館)所蔵。

その翌1903年、第18回ウィーン分離派展ではクリムトの回顧展示が行われた。

この展覧会は、クリムトにとってもこれだけ多くの作品を出品することは初めてで、特別な機会であった。

その展覧会で初めて出品されたのが、当時のクリムトが置かれた状況を映し出す『人生は戦いなり(黄金の騎士)』である。

この《人生は戦いなり》のメインモチーフである「黄金の騎士」のイメージは、寓意に富んだ《ベートーヴェン・フリーズ》(1902 年)に描かれた騎士像に直接由来している。

また金を多用しつつ、平板で幾何学的な装飾性は、当時のウィーンを取り巻く美術界の中から生まれたもので、ウィーン工房の作品との共通性が認められる。

無垢な少女、魔性の女、運命の女など女性の様々な魅力を官能的なテーマで描くクリムト。

しかし、クリムトの初期は写実的でアカデミックな画風だった。

オーストリア芸術を代表する国宝的作品としても位置付けられる《接吻》。

これに代表される作品に見られる、金箔を多用する「黄金様式」の時代を経て、装飾的で抽象的な色面と人物を組み合わせた独特の画風を確立。

ウィーン・モダニズムの旗手として活躍。

 

2ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)_クレジット入り(小).jpg

グスタフ・クリムト《ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)》

1899年 油彩、カンヴァス 244×56.5cm

オーストリア演劇博物館

[コピーライト] KHM-Museumsverband, Theatermuseum, Vienna

 

 

4ヘレーネ・クリムトの肖像_クレジット入り.jpg

グスタフ・クリムト《ヘレーネ・クリムトの肖像》

1898年 油彩、厚紙 59.7×49.9cm

ベルン美術館(個人から寄託) 

Kunstmuseum Bern, loan from private collection



5オイゲニア・プリマフェージの肖像_クレジット入り.jpg

グスタフ・クリムト《オイゲニア・プリマフェージの肖像》

1913/14年 油彩、カンヴァス 140×85cm

豊田市美術館

 

6赤子(ゆりかご)_クレジット入り.jpg

グスタフ・クリムト《赤子(ゆりかご)》

1917年 油彩、カンヴァス 110.9×110.4cm

ワシントン・ナショナル・ギャラリー
National Gallery of Art, Washington, Gift of Otto and Franciska Kallir with the help of the Carol and Edwin Gaines Fullinwider Fund, 1978.41.1

 

○みどころ

  ☆「黄金様式」の時代の代表作のひとつ《ユディトI》も含まれるほか、全長34mにも及ぶ壁画《ベートーヴェン・フリーズ》の精巧な複製も来日し、ウィーンの分離派会館での展示を再現。

 

3-ABeethoven Fries-5_クレジット入り.jpg

 

3-BBeethoven Fries-8_クレジット入り.jpg

グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(部分)

1984年(原寸大複製/オリジナルは1901-02年) 216×3438

ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

[コピーライト] Belvedere, Vienna

 

  ☆ローマ国立近代美術館(Galleria Nazionale d’Arte Moderna E Contemporanea)所蔵の《女の三世代》が日本初公開。

     クリムトが深い関心を寄せた生命の円環をテーマに、人間の一生を幼年期、青年期、老年期の三段階に分けて寓意的に表す作品。

縦横約170cmと、壁画などを別にすればクリムト最大の絵画のひとつ。11女の三世代_クレジット入り.jpg

グスタフ・クリムト《女の三世代》

1905年 油彩、カンヴァス 171×171cm

ローマ国立近代美術館 

Roma, Galleria Nazionale d’Arte Moderna e Contemporanea. Su concessione del Ministero per i Beni e le Attivita Culturali

 

 

筆者は、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館とローマ国立近代美術館でクリムトの作品を実際に鑑賞したが、それには、かなりの時間と移動距離を要した。

しかし、この展覧会に行けば、一度に見られることは大変意義深いことだと考える。

クリムトの没後100年を記念するイベントとして、パリで“Les soirees Klimt”が開催されていた。

パリ市の東のはずれに位置する会場は、観光客が訪れることの少ない場所にもかかわらず、連日、入場するのに長蛇の列ができており、広い会場も人でいっぱいだった。

プロジェクションマッピングによるクリムトの作品は、広い会場いっぱいに映し出され、迫力満点。

https://www.atelier-lumieres.com/fr/soirees-klimt

DSC_0552.jpg    

                    Atelier Des Lumieres   撮影  浦 典子

 

DSC_0288.jpg

                       “Les soirées Klimt” 撮影  浦 典子

 

 

東京では、約30年ぶりのクリムトの展覧会。

 

パリを悪く言うわけではないが、日本では、本物のクリムトの作品が鑑賞できる。

クリムトの作品j数は多くない。

25点ものクリムトの油彩画作品が展示されるのは、なかなか難しいことだ。

 お見逃しなく。

 

☆ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館(Schloss Belvedere

    https://www.belvedere.at/



12ベルヴェデーレ外観_クレジット入り.jpg

ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館(外観)[コピーライト] Belvedere, Vienna, Photo: Ouriel Morgenstzern

 

 

☆ローマ国立近代美術館(Galleria Nazionale d’Arte Moderna E Contemporanea

    http://lagallerianazionale.com/

 

DSCN1841.jpg

ローマ国立近代美術館 外観 (Galleria Nazionale dArte Moderna E Contemporanea) 撮影  浦 典子

 

 

 

DSCN1945.jpg

                  ローマ国立近代美術館の展示風景 撮影  浦 典子

 

 

 

7アッター湖畔のカンマー城Ⅲ_クレジット入り.jpg

グスタフ・クリムト《アッター湖畔のカンマー城III

1909/10年 油彩、カンヴァス 110×110cm

ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

[コピーライト] Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll


8家族_クレジット入り.jpg?

グスタフ・クリムト《家族》 

1909/10年 油彩、カンヴァス 90×90cm

ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

[コピーライト] Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll



9白い服の女_クレジット入り.jpg?

グスタフ・クリムト《白い服の女》

1917-18年 油彩、カンヴァス 70×70

ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

[コピーライト] Belvedere, Vienna



10雨後(鶏のいるザンクトアガータの庭)_クレジット入り.jpg

グスタフ・クリムト《雨後(鶏のいるザンクト・アガータの庭)》

1898年 油彩、カンヴァス 80×40

ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

[コピーライト] Belvedere, Vienna

 

 

[展覧会名]クリムト展 ウィーンと日本 1900

[会 期] 2019423日(火)? 710日(水)

[休室日] 71日(月)

[開室時間]午前930分~午後530

※金曜日は午後8時まで(入室は閉室の30分前まで)

74日(木)、6日(土)は特別夜間開室のため

午後8時まで(入室は閉室の30分前まで)

[会 場] 東京都美術館 企画展示室

110-0007 東京都台東区上野公園8-36

[主 催] 東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、

朝日新聞社、TBS

ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 Belvedele

[後 援] オーストリア大使館 / オーストリア文化フォーラム

JAPAN - AUSTRIA 1869 - 2019

[協 賛] ショップチャンネル、セコム、損保ジャパン日本興亜、

大日本印刷、竹中工務店、トヨタ自動車、三菱商事、

パナソニック、みずほ銀行

[協 力] 全日本空輸

[お問い合わせ] 03-5777-8600(ハローダイヤル)

観覧料

当日券 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000

団体券 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800

※団体割引の対象は20名以上

※中学生以下は無料

※身体障がい者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料。

※いずれも証明できるものをご持参のこと。

主催

東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、テレビ朝日、BS朝日

後援アメリカ大使館特別協賛第一生命グループ 第一生命、第一フロンティア生命、ネオファースト生命協賛セコム、凸版印刷、三菱商事、アトレ、竹中工務店

協力

日本航空、日本貨物航空

お問い合わせ先TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)

☆東京都美術館

http://www.tobikan.jp

☆特設WEBサイト

     https://klimt2019.jp/

 

☆読者プレゼント 

   510名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

   締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆巡回予定

2019723日(火)~ 1014日(月・祝) 豊田市美術館


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクションThe Burrell Collection: A voyage to Impressionism. Vision of a great shipowner-collector [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

The Burrell Collection: A voyage to Impressionism. Vision of a great shipowner-collector

1リハーサル.jpg

エドガー・ドガ《リハーサル》

1874年頃、油彩・カンヴァス

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

海運王バレル卿が収集した、世界屈指のコレクション初来日!

出展作品80点中、76点が日本初公開作品。

 

英国スコットランドの海港都市、グラスゴー市出身の海運王ウィリアム・バレル卿(Sir William Burrell, 1861 -1958)。 

A ウィリアム・ハレル卿.jpg

ウィリアム・バレル卿(45歳頃)

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

 バレル卿は、若くして家業の海運業を手伝い始めた後、船舶の売買で大成功し「海運王」と称された。

少年の頃から美術品に関心を持っていたバレル卿は、1890年代から1920年代にかけて主に同じくグラスゴー出身の画商アレクサンダー・リード(Alexander Reid 1854-1928)から作品を購入し、ペプローやメルヴィルなどスコットランドの画家をはじめ、クロホールなど特にグラスゴーで活躍した画家の作品を好んで集め、徐々にフランス絵画にも興味を抱くようになる。

また、古今東西に及ぶ多彩な美術作品をも収集している。


3シャンパングラスのバラ.jpg

エドゥアール・マネ

《シャンパングラスのバラ》

1882年、油彩・カンヴァス

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 




4春の花.jpg

アンリ・ファンタン=ラトゥール 《春の花》

1878年、油彩・カンヴァス

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

1944年、バレル卿はコレクションのうち数千点もの作品をグラスゴー市に寄付し、それが美術館「バレル・コレクション」と命名された。

バレル卿は、美術館建設に際し、以下の厳しい条件を出した。

「大気汚染の影響が少ない郊外に作品を展示すること」

「国外に持ち出さないこと」

  そして、1983年グラスゴー市は郊外のポロック公園内にコレクションを移し、バレル・コレクション(The Burrell Collection)として一般公開。

以降、近代名画を集めた世界屈指のコレクションと称され多くの観光客が訪れ、名所となっている。

  「バレル・コレクション」は、その条件を満たさせるため、本来、英国でしか鑑賞することができなかった。

 しかし、美術館「バレル・コレクション」は、2015年から2020年まで改修工事により閉館している。

この改装に伴い、このたび、初めて、国外に持ち出すことが許されたのだ。

その「バレル・コレクション」の中から西洋近代絵画を中心に、選りすぐりの作品、計80点を紹介する日本初の展覧会がBunkamura ザ・ミュージアムにおいて開催中である。

美術館「バレル・コレクション」が現在閉館中だからこそ実現した、奇跡の展覧会だ。

知られざるスコットランドの画家の作品から、巨匠のフランス絵画までグラスゴー市のバレル・コレクションから73点が初来日。

さらにグラスゴー市のケルヴィングローヴ美術博物館(Kelvingrove Art Gallery and Museum)からの出展を含む全80作品中、何と76点が日本初公開!

☆ケルヴィングローヴ美術博物館(Kelvingrove Art Gallery and Museum

  https://www.glasgowlife.org.uk/museums/venues/kelvingrove-art-gallery-and-museum

 

ケルヴィングローヴ美術博物館蔵の作品で見逃せないのは、フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)が描いた、《アレクサンダー・リードの肖像》だ。

 

2アレクサンダー・リードの肖像.jpg

フィンセント・ファン・ゴッホ

《アレクサンダー・リードの肖像》

1887年、油彩・板、ケルヴィングローヴ美術博物館蔵

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

アレクサンダー・リードはバレルをはじめ、グラスゴー在住の美術愛好家達に同時代のフランス美術を紹介した人物だ。

画家のフィンセント・ファン・ゴッホの弟で画商のテオ・ファン・ゴッホと一緒に暮らしていたこともある、敏腕画商。

バレル卿は、リードの事を「リードは良質な絵画とそれを愛でる心をスコットランドにもたらした功労者である。」と言っていたという。

来日作品の中でも特に、バレエを題材にしたドガの初期の作品《リハーサル》は門外不出の名作だ。

繊細かつ大胆な構図と色彩が大変美しく、ドガの数多い作品の中でも指折りの名作のひとつだ。

ゴッホ、ルノワール、セザンヌ、クールベ…など巨匠の作品が、バレル・コレクションのほかケルヴィングローヴ美術博物館からも出展されていることもこの展覧会の大きな特徴。

 

7画家の庭.jpg

ピエール・オーギュスト・ルノワール《画家の庭》

1903年頃、油彩・カンヴァス、ケルヴィングローヴ美術博物館蔵

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

 

 

8エトワールの山稜とピロン・デュ・ロワ峯.jpg

ポール・セザンヌ 《エトワール山稜とピロン・デュ・ロワ峰》

1878-79年、油彩・カンヴァス、ケルヴィングローヴ美術博物館蔵

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

 

9マドモワゼル・オーブ・ドゥ・ラ・オルド.jpg

ギュスターヴ・クールベ 《マドモワゼル・オーブ・ドゥ・ラ・オルド》

1865年、油彩・カンヴァス

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

ちなみにこの展覧会で展示されているエドガー・ドガによる《リハーサル》は、日本展の後、米国ワシントンDCのナショナル・ギャラリー(National Gallery of Art, Washington DC)に展示されることが決定している。

その他の「バレル・コレクション」は、カナダ、オランダ、フランス、英国に展示される予定。

しかし、日本展で展示される作品群は、「バレル・コレクション」の中でも、最もハイライトと呼ばれる珠玉の名作だ。

☆参考

   https://www.glasgowlife.org.uk/museums/blog/burrell-spotlight-loans-and-themed-exhibitions

日本に居ながらして、門外不出の名作を鑑賞できるチャンスはまたとない。

 海運王の世界屈指の夢のコレクション。お見逃しなく!

 

☆構成

序章

1章 身の回りの情景

   人物、果物、花など、部屋の中の静謐(せいひつ)かつ親密な情景が描かれた作品群。

2章 戸外に目を向けて

   家の中、街中、郊外へと戸外に広く目を向けて、その景色や、生活・仕事を営む人々、動物を描いた作品群。

3章 川から港、そして外洋へ

海運王と呼ばれ、港や海への想いが人一倍強いであろうバレルが選んだ海景画を中心とした水辺の景観の作品群。

 

☆グラスゴー美術館群(Glasgow Museums

https://www.glasgowlife.org.uk/museums

☆バレル・コレクション(The Burrell Collection

   https://www.glasgowlife.org.uk/museums/venues/the-burrell-collection

 

B現在のハ_レル・コレクション.jpg

現在のバレル・コレクションの外観

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

 

5バラ.jpg

サミュエル・ジョン・ペプロー 《バラ》

1900-05年頃、油彩・カンヴァス

 

 

 

6.フォンテーヌブローの農家.jpg

カミーユ・コロー 《フォンテーヌブローの農家》

1865-73年頃、油彩・カンヴァス

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

 

開催期間

2019/4/27()6/30()

開館時間

10:0018:00(入館は17:30まで)

毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

会場

Bunkamura ザ・ミュージアム

主催

Bunkamura、毎日新聞社

後援

ブリティッシュ・カウンシル

特別協賛

大和ハウス工業株式会社

協賛

大日本印刷

協力

日本航空

 

お問合せ

ハローダイヤル 03-5777-8600

入館料(消費税込)

当日             団体

 

一 般       1,500円          1,300

大学・高校生   1,000円           800

中学・小学生    700円           500

 

◎団体は20名様以上。要 電話でのご予約。

(申込み先:Bunkamura Tel. 03-3477-9413

◎学生券をお求めの場合は、学生証のご提示のこと(小学生は除く)。

◎障害者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口で。

 

 

ウジェーヌ・ブーダン

《トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー》

1863年、油彩・板

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

 

11ドーヴィル、波止場.jpg

ウジェーヌ・ブーダン 《ドーヴィル、波止場》

1891年、油彩・板

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

 

アンリ・ル・シダネル 《月明かりの入り江》

1928年、油彩・カンヴァス

[コピーライト] CSG CIC Glasgow Museums Collection

 

Bunkamura ザ・ミュージアム

    http://www.bunkamura.co.jp/

Bunkamura ザ・ミュージアム 印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/19_burrell/

☆公式サイト

    https://burrell.jp/index.php

 

☆読者プレゼント 

   510名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

      締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

   速達などでお届けには最善を尽くします。

   

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。

 

☆巡回予定

201987日-1020日 静岡市美術館 など


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

松坂屋名古屋店「わたせせいぞう展」~ハートカクテルだったあの頃~SEIZO WATASE [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

松坂屋名古屋店「わたせせいぞう展」

~ハートカクテルだったあの頃~

SEIZO WATASE

描き下ろし新作「再会は初デートの公園で」1906.jpg

                 描き下ろし新作「再会は初デートの公園で」

                     [コピーライト]SEIZO WATASE/APPLE FARM INC.

 

わたせせいぞうの画業45周年を記念し、松坂屋名古屋店にて『わたせせいぞう展』が開催中だ。

他の会場で行われた、わたせせいぞうの画業40周年を記念した展覧会については、以下で記しているので参照されたし。

http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19

https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2015-11-22

 また、阪急うめだ本店で行われた展覧会については、以下で記しているので参照されたし。

     https://art-news-jp.jimdo.com/2019/05/20/阪急うめだ本店-わたせせいぞう展-seizo-watase/

  https://art-news-jp.jimdo.com/2019/05/20/阪急うめだ本店-わたせせいぞう展-フォトギャラリー/

  https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2019-05-20

  https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2019-05-20-1

 

この展覧会では、わたせせいぞうは、名古屋城とその手前にある名城公園を舞台とした「再会は初デートの公園で」をメインイラストとして、新たに描き下ろしたという。

メインイラストの原画のお披露目をはじめ、懐かしい80年代から現在までの作品の原画を中心に約130点を展示。

わたせせいぞうが45周年を迎える間に時代は大きく変わって行った。

そのイラストに写し出される時代の移り変わりを感じると共に、何十年も変わらない普遍的なテーマのわたせせいぞうの作品群。

ロングライフのものには、必ず人々に愛される理由があるのだ。

そして、その普遍性を貫けることが、その作家の持つ「力」だ。

わたせせいぞうの絵画を初めて見た時、その作家の年齢を筆者は考えていなかった。

ちょっぴり大人の世界を恐らく、5つくらい年上のお兄さんが教えてくれていると想像していた。

年表を改めて見てみると、「ハートカクテル」の連載開始は、わたせせいぞう、38歳ころだ。

遅咲きの作家といえよう。

しかし、38歳のかたの作品とは思えない、「若さ」が、いや「若者らしさ」にあふれている。

その溌溂とした美感覚。

それが、今もなお、持ち続けられていることには大変驚かされる。

小説家になりたかったというわたせせいぞう。

絵と文章力という相反する才能を併せ持ち、それが作品として実を結んでいる。

わたせせいぞうの唯一無二の魅力だ。

わたせせいぞうは、クラシックやジャズなどの音楽を読者に教えてくれる。

阪急うめだ本店での展覧会で書き下ろされた、「Tea for Two」。

インタビューでは時間がなく、お聞きできなかったが、1950年公開のミュージカル映画に主題歌を歌うドリス・デイ(Doris Day)をイメージしたものではないかと想像を膨らませて赴いた。

お聞きするまでもなく、作品説明に記されていた。

その後、ドリス・デイのその他の歌やわたせせいぞうの作品に登場する楽曲を聞いてみたり、調べてみたり、その場所らしきところに行ってみたりしてみた。

すると、改めて年齢と経験を重ねたからこそわかるものが見えて来た。

わたせせいぞうの作品を鑑賞する際、ぜひおすすめしたい鑑賞の仕方だ。

わたせせいぞうは、オリジナルの世界観を紡ぎ出しながら、鑑賞者を文化に導いてくれる作家だ。

 お見逃しなく。

 

DSC_0104trss.png

                   わたせせいぞう  撮影 浦 典子

 

☆わたせせいぞうプロフィール(2018年まで)

1945年 本名、渡瀬政造。神戸市に生まれる。生後まもなく北九州市小倉北区に移り住む。

      早稲田大学法学部を卒業。

1974年 「ビッグコミック」の第13回ビッグコミック賞入選。

1983   代表作「ハートカクテル」の連載開始。(「週刊モーニング」にて1989年まで連載)

      都会的な男女のショートストーリーが若者を中心に大人気となる。

1985  16年間のサラリーマン生活にピリオドを打ち、コミック作家としての活動に専念する。

1986  アニメーション「ハートカクテル」TV放送開始。(1988年終了)

      ドラマ「ハートカクテル」TV放送。(主演:鈴木保奈美・三上博史)

1987   漫画「私立探偵フィリップ」が、第33回文藝春秋漫画賞を受賞する。

1988   NHK朝の連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」タイトルイラスト担当。

1992   四季に彩られた日本の美しい風物の中で暮らす夫婦の愛の物語、「菜」の連載を開始。

      (「週刊モーニング」にて1998年まで連載)

1993   社会福祉・医療事業人材募集ポスターのイラスト作画。

1998  ☆東京を舞台に大人の恋を繊細に描いた「東京エデン」連載開始。

       (「週刊モーニング」にて1999年まで連載)

      ☆車をテーマにしたショートストーリーとイラストを描いた 「A Love Story Around Automobile 車にまつわる恋物語」連載開始。 (「月刊Muffin」にて2000年まで連載)

1999   ☆人の花時は恋。色々な男女の花時を描いた「ハナドキロード(花時行)」連載開始。

        (「週刊モ―ニング」にて2002年まで連載)

       ☆東京の名所を情緒豊かに描いた「東京ランブル」連載開始。

        (「週刊朝日」(朝日新聞社)にて2000年まで連載)

2000   ☆偶然から始まるミドルエイジ・ラブを描いた「しのぶれど」連載開始。

        (「おとなぴあ」(ぴあ)にて2001年まで連載)

☆初の絵本作品「ドードーとせいちゃん」連載開始。

        (「ミキハウス・ラブ」(三起商行)にて2002年まで連載)

2001   ☆読者から公募したショートストーリーに色彩豊かなイラストで日常のロマンスを描く「三都つれづれ」連載開始。(「朝日新聞大阪本社ゆめ版」にて2002年まで連載)

       ☆消防庁 全国「秋の火災予防運動」ポスターイラストに使用される。

       ☆「男と女の食卓」おとなぴあにて連載開始。(「おとなぴあ」(ぴあ)にて2001年まで連載)

2002   ☆消防庁 全国「春の火災予防運動」ポスターイラストに使用される。

              ☆消防庁 全国「秋の火災予防運動」ポスターイラストに使用される。

              ☆「きみの季節」連載開始。(「季節限定ぴあ」(ぴあ)にて2004年まで連載)

              ☆「TOKYO BLUE」連載開始。(「月刊ビジネススタンダード」(ソフトバンクパブリッシング社)にて2004年まで連載)

              ☆初の常設ギャラリー「わたせせいぞうと海のギャラリー」北九州・門司港に開館。

2003    ☆消防庁 全国「春の火災予防運動」ポスターイラストに使用される。

              ☆「Heart Station」連載開始。(「月刊ブリオ」(光文社)にて2006年まで連載)

              ☆「江戸恋もよう」連載開始。(「週刊モ―ニング」(講談社)にて2004年まで連載)

              ☆NTTドコモ iモード待受総合サイト「わたせせいぞう」開始。

2004    ☆北九州市門司大里地区の土地区画整理事業で街づくりをイメージプロデュースする。

                 わたせせいぞうがイメージプロデュースした「わたせハウス」も建設される。

              ☆NHKテレビ「食彩浪漫」に出演。

2005    ☆環境大臣感謝状授与。「環のくらし応援団」として、地球温暖化対策の推進に貢献したとして環境大臣より感謝状を授与される。

              ☆「TOKYO BLUE」単行本発売。(ソフトバンクパブリッシング発行)

              ☆「Sea Side Story」連載開始。(「ディズニーランド別冊with Minnie(講談社)にて2005年まで連載)

              ☆「The Motorcycle Letters」連載開始。(「月刊ガルル」(実業之日本社)にて2006年まで連載)

              ☆新北九州空港開港告知ポスターのイラスト作画。

2006    ☆「HEART COCKTAIL eleven」オシャレな大人の絵本発売。

              ☆「ボッチボン」連載開始。(「ボンボン」(講談社)にて2006年まで連載)

              ☆「The Motorcycle Letters」単行本発売。(実業之日本社発行)

              ☆「Sea Side Story 7つの港 11の恋」単行本発売。(講談社発行)

              ☆「Heart Station」単行本発売。(光文社発行)

2007    Netzトヨタにて広告イラスト作画。2009年終了。

              NetzトヨタHPサイトにてショートストーリー「Drive Seasons」描き下ろし。

              ☆「ボッチボン」単行本発売。(講談社発行)

              NTTドコモ iモードきせかえツール携帯サイト「大人のきせかえわたせ」サービス開始。

              ☆「菜~ふたたび~」連載開始。(「モ―ニング」(講談社)にて連載)

              ☆「千代の茶屋」連載開始。江戸の美味しい歳時記。(「コミック 乱」(リイド社)にて2008年まで連載)

2008    ☆画集「オリジナルカレンダーイラスト集 ~20年の軌跡~」出版。(アップルファーム発行)

              ☆「菜~ふたたび~」単行本第1巻発売。(講談社発行)

              ☆「菜~ふたたび~」単行本第2巻発売。(講談社発行)

2009年    ☆「ハートカクテル bittersweet」単行本発売。(講談社発行)

              ☆「菜~ふたたび~」単行本第3巻発売。(講談社発行)

              ☆「北のライオン」連載開始。(「モ―ニング」(講談社)にて2013年まで連載)

              ☆東京シティ競馬広告イラスト担当。2011年終了。

2010    ☆「南の島」(原作:島田紳助)単行本発売。(講談社発行)

              ☆神奈川大学 広告イラスト担当。同大学 外国語学部 特任教授就任。(20183月迄)

2011    ☆「北のライオン」単行本第1巻発売。(講談社発行)

              ☆「サンタ サンタ サンタ」絵本発売。(竹書房発行)

              ☆「月之介狂詩曲」連載開始。お江戸のハートフルストーリー。(「コミック 乱」(リイド社)にて2016年まで連載)

2012    ☆「北のライオン」単行本第2巻発売。(講談社発行)

2013    ☆「あの頃ボクらは若かった」連載開始。(「サンデー毎日」(毎日新聞社)にて2015年まで連載)

              ☆「Dr.愛助の孤独」連載開始。(「モ―ニング」(講談社)にて2014年まで連載)

              ☆「北のライオン」単行本第3・4巻発売。(講談社発行)

2014    ☆「アンを抱きしめて 村岡花子物語」絵本発売。(NHK出版)

              ☆「Telephone」連載開始。(「モ―ニング」(講談社)にて2015年まで連載)

2015    ☆六本木男性合唱団オリジナルミュージカル「ウエスト・サイズ・ストーリー」の美術・ポスターイラスト担当。

              ☆阪急電車(神戸線)ラッピング列車のイラスト作画。201711月終了。

2016年    ☆綿矢りさ氏 連載小説 「私をくいとめて」 挿絵担当。(「朝日新聞 夕刊」(朝日新聞社)にて4~12月まで連載)

              ☆環境省 動物愛マイクロチップ普及啓発リーフレットのイラスト作画。

2017年   ☆綿矢りさ氏 小説 「私をくいとめて」単行本装画担当。(朝日新聞出版発行)

2018    LINEサービス開始「ハートカクテルシリーズ スタンプ等」

              ☆「ワンダーカクテル(Wonder Cocktail)」連載開始。(ウェブ雑誌「Men's Precious(小学館)にて連載中)

              ☆「あの頃ボクらは若かった」単行本発売。(毎日新聞出版発行)

 

会 期:

201965()17()

会 場:松坂屋名古屋店 本館7階 大催事場

    名古屋市中区栄3-16-1

    [] 03-5429-7701(アップルファーム)

時 間:10:0019:30 

    ※ご入場は閉場の30分前まで ※最終日は18:00閉場。

入場料(税込):一般800円、大学生・高校生500円、中学生以下無料

企画制作:

()アップルファーム

()アップルファーム

http://www.apple-farm.co.jp/

 

☆サイン会:615() 14:00~ 本館7階 特設会場にて

<参加方法>

当日会場にて、税込2,000円以上お買い上げの方、

各日先着150名様に整理券を配布。

お買い上げの商品(お一人様1)にサイン。

<対象商品の一例>

わたせせいぞうグッズ類

(ポストカード、クリアファイル等)、書籍、額装品(版画・ポスター)など

※但し、額装品をご購入のお客様には色紙にサイン。 (色紙は会場にて準備されている。)

※新作版画「再会は初デートの公園で」は、会場内で同時発売。

限定:100枚 技法:ジクレー

定価:60,000円(税別)

 

☆最新刊 コミック「ハートテレフォン」2019524()発売!!

 

☆読者プレゼント 

   1020名様にご招待券  やご優待券を プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

絹谷幸二 天空美術館 Koji Kinutani Tenku Art Museum 特別展示「夢見る力~空想大劇場」 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

絹谷幸二 天空美術館 

Koji Kinutani Tenku Art Museum

特別展示「夢見る力~空想大劇場」

⑪祝 飛龍遊々スカイビル(立体)_Flying dragon frolicing around the Sky Building(Sculpture).jpg [コピーライト] Koji Kinutani Tenku Art Museum

祝 飛龍遊々スカイビル(立体) : 2018年/スティロフォーム ミクストメディア /H2450×W1900×D1300

 

絹谷幸二 天空美術館は、眺望抜群の梅田スカイビル27階に位置し、美の力、芸術力によって、人類を元気にする新たなる芸術文化発信の拠点を目指す最新型ミュージアムだ。

絹谷幸二について、筆者は以下などで記しているので参照されたし。

https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2012-11-12

  絹谷幸二は、アフレスコという壁画技法の国内第一人者だ。

  アフレスコ技法とは、フレスコ画を創造する技法の名前で、絹谷本人は必ずアフレスコと〝ア〟をつける。

日本では、フレスコという方になじみがあるが、フレスコとは、英語: fresco、イタリア語: Affrescoという。

アフレスコは絵画技法のひとつで、この技法で描かれた壁画をフレスコまたはフレスコ画と呼ぶのだ。

語源はイタリア語の "fresco" で「新しい」「新鮮な」という意味である。

この呼び方は、制作過程に所以がある。

まず壁に漆喰を塗り、その漆喰がまだ「フレスコ(新鮮)」である状態で、つまり生乾きの間に水または石灰水で溶いた顔料で描く。

その方法は、まず、漆喰には石灰岩(CaCO3)を焼成し、生石灰(CaO)にした上に加水した消石灰(Ca(OH)2)を使用する。

作品を描写中、媒剤となる水分はたえず気化し、消石灰は二酸化炭素(CO2)を吸収、酸素(H2O)を放出し、炭酸カルシウム(CaCO3)に変化する。

この炭酸カルシウムは水に溶けない。

そのため、アフレスコ技法は、その過程の困難さゆえにであろうか、アフレスコ画は保存性に大変優れているというメリットが大きいのだ。

アフレスコ画は、ルネサンス期に盛んに描かれた。

ラファエロの『アテネの学堂』やミケランジェロの『最後の審判』、ジョットによる「聖人フランチェスコの生涯(サン・フランチェスコ聖堂 イタリア・アッシジ)などがよく知られている。

このような大天才でなければ、なかなか挑めない画法である。

アフレスコ画は、全くやり直しが効かないため、高度な計画と技術力を必要とする、大変難易度が高い画法である。

失敗した場合は漆喰をかき落とし、最初からやり直すほかはないのだ。

そのため、多くの画家がこのやり方を採用したがらない。

画家としては、やり直しは効くが保存性に欠ける油絵を選ぶか、全くやり直しが効かないが保存性の高いアフレスコ画を選ぶかは悩ましい問題でジレンマを抱えることになるであろう。

絹谷幸二 天空美術館では、世界初の試みである絵の中に飛び込む大迫力の3D映像体験や、アフレスコ(壁画の古典技法)とミクストメディア(混合技法)による絵画・彫刻の数々を鑑賞できるほか、遊び心満載のワークショップやアトリエスペース、そして快適空間のカフェなど世界中の人々を魅了している。

また、美術館の外に目をやると夕日が大変美しいのも見逃せない。眼下に淀川が流れる大阪の街並みが一望のもと。

この美術館では、開館2周年記念の特別展示「夢見る力~空想大劇場」が開催中。

3D映像

  高さ約3m、幅約14mの大型ラウンドスクリーンで、大迫力の3D映像を体験!

音楽とともに絵画の世界に入り込む、まるでテーマパークのアトラクションのよう。

◯夢無辺 : 2016年/3D映像/上映時間5

金雲たなびく蒼天に輝く旭日と大坂城。やがて城郭は満開の花びらとともに拡散していき、四季に彩られた富士の景観へと見る者を誘う。

そこに突如、雲海から龍が出現。

飛翔する龍の口へ吸い込まれた後は、風神雷神が乱舞する勇壮なイメージ世界へ。

「不二法門」や「般若心経」の言葉が飛び交い、天使や女神などが浮遊し、生命の誕生と人間愛を象徴する宇宙空間へと続く。

そしていつの間にか大坂城へ。

夢無辺とはどこまでも広がっていく夢の情景のこと。

迫力ある音響とともに百花繚乱の大劇場だ。

◯平治の乱 : 2018年/3D映像/上映時間5

開館2周年を記念して制作された最新3D映像(ZERO-TEN制作)。

平安時代末期の平治元年(1159)、京都に起こった内乱をテーマに、人類への警鐘と救済への祈りを込めた作品。

炎に包まれる洛中の情景と、次々と浮かび上がる衝撃的な場面は、歴史的に繰り返されてきた戦禍や、権力抗争にあけくれる人間の愚かさを暗示し、紅蓮の炎の中に浮かび上がり憤怒する仏の姿は、時空を越えて今日的な教訓を提示している。

「夢無辺」に続いて絹谷幸二 天空美術館が贈る、最新技術を駆使した壮大な絹谷ワールド。

「動・静」渦巻く華麗なる夢の大劇場だ。

 

☆絵画展示

◯アラベスク : 1985年/アフレスコ・ストラッポ/80号(1120×145520連作

198510月、東京・青山の国立総合児童センター「こどもの城」劇場入口に制作されたアフレスコ20面の傑作。

20152月、センターの閉館にともない作品保存のため全面がストラッポされた。

ストラッポとは壁画の表面を剥がし取ることで、この高度な技術によって作品の収蔵と移動が可能となり、絹谷幸二 天空美術館での鑑賞が実現。

描かれているのは古今東西の時空を越えた夢物語。

異国情緒たっぷりのモチーフが目を楽しませてくれる。

アラベスクとはアラビア風の幾何学的な装飾文様を指す。

この作品の幾何学文様は劇場内の空間をイメージさせ、鑑賞者を様々な情景へと誘う。

見る人の感性で百人百通りの物語が浮かび、まるで自分が物語の主人公のように思えてくるようだ。

世界中の子どもたちへ夢見る力、空想の楽しみを教えてくれる連作だ。

③アラベスク_arabesque15.jpg

③アラベスク_arabesque16.jpg

③アラベスク_arabesque17.jpg

③アラベスク_arabesque18.jpg

③アラベスク_arabesque19.jpg

③アラベスク_arabesque20.jpg

=========================================

◯祝・飛龍不二法門 : 2013年/ミクストメディア 金箔 プラチナ箔/200号(1940×2590

絹谷幸二 天空美術館のシンボルゾーンを飾る作品。

白銀をたたえそそり立つ富士に、雲海から如意宝珠を手にした龍が童子を背に浮かび上がる。

神通力を象徴する神獣・霊獣として描かれる龍の口からは「不二法門(ふにほうもん)」という言葉が。

不二法門とは善と悪、生と死、我と無我など相反する二つの概念は一つのものの部分である、ということを教える仏語。

まさに芸術とは、人間の善悪、美醜、強弱、長所短所など全てを包み込む自然の豊饒そのものでなければならないという絹谷幸二の信念を象徴する言葉である。

芸術への理想、そして自然や生命へのオマージュ(称賛)を高らかに謳い上げ、鑑賞者を豊饒なる絹谷ワールドへ誘う。

④祝・飛龍不二法門_Celebration-Flying Dragon Funi Homon.jpg

 

=========================================

◯双穹の翼 パリ飛翔 : 2007年/ミクストメディア/100号(1303×1621

絵を描くことによって人々に夢や希望を届けてきた絹谷幸二にとって、鍛え抜かれた肉体と技で夢の世界を演出するサーカスへの強い興味・関心が芽生えたのは、当然のことだったと推測できる。

エッフェル塔が見渡せるトロカデロ広場を舞台に、輝ける陽光と大輪の虹に包まれた中で演じられる空中ブランコの情景を描き、人間の表現への無限の可能性を高らかに謳い上げた作品である。

サーカスを絹谷幸二がいかにリスペクトしているかよくわかる作品だ。

その芸術性について筆者は以下などに記しているので参照されたし。

☆木下大サーカス名古屋公演 KINOSHITA CIRCUS

https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2019-05-28⑤双穹の翼 パリ飛翔_Wings in the Blue Sky Leap in Paris.jpg

=========================================

◯日月天馬飛翔 : 2005年/ミクストメディア/120号(1303×1939

ギリシア・ローマ時代の古代彫刻は「高貴なる単純と静謐なる偉大」と称され、西洋美術の根幹を成してきた。

彫刻とともに紺碧の空にリズミカルに浮かび上がる可憐な花は、悠久の時の流れを象徴する。

時空を超えた美へのオマージュが込められた作品である。

⑥日月天馬飛翔_The Sun, the Moon and a Pegasus Soar.jpg

=========================================

◯大阪城満開日乃出 : 2016年/ミクストメディア 金箔 プラチナ箔/50号(910×1167

絹谷幸二 天空美術館の開館を記念して大阪をテーマに描かれた作品。

昨今の戦国武将や刀剣のブームで人気の大阪城が、満開の桜と旭日の輝きの中に浮かび上がる。

絹谷幸二 天空美術館が大阪城とともに新しい大阪のシンボルとして世界中の人々に愛されるようにと、一筆一筆に願いを込めて描かれたもの。

⑦大阪城満開日乃出_Sunrise at Osaka Castle with Cherry Blossoms in Full Bloom.jpg

=========================================

◯黄金旭日名古屋城 : 2016年/ミクストメディア 金箔/240×665

2018年新生した名古屋・御園座の緞帳用に描かれた原画。

積水ハウスが発注し27年ぶりに新たに織られた緞帳は、高さ10メートル、幅24メートル、重量は1tを超える巨大なもの。

黄金の日輪を背景に金のシャチホコを左右に配し、荘厳な名古屋城が描かれている。

天空に広がる虹には十二支が並ぶ。

縁起物としての十二支は、土産の置物のような愛らしく親しみやすい姿で描かれ、御園座が守り続けてきた「時間」と「美」を象徴している。

⑧黄金旭日名古屋城_Nagoya Castle and the rising golden sun.jpg

=========================================

◯黄金背景富嶽旭日・風神・雷神 : 2015年/ミクストメディア 金箔/150号(1818×22732枚組

  江戸時代の絵画を代表する琳派の祖、俵屋宗達の風神雷神へのオマージュが創意の源泉にある。

旭日に浮かび上がる富士を挟み対峙する勇壮な二神像。

豪快無比な表現力で描かれた風神・雷神の目には、自然を破壊する人間の傲慢さへの怒りが溢れる。

風神は風車を回し、雷神は雷や地熱をとらえ、自然界の大いなる代替エネルギーを取り込む事を描ききって現代文明への警鐘を込める。

人類の元気の源を目指す天空美術館が誇る大作である。

⑨黄金背景富嶽旭日・風神・雷神(風神)_Mt.Fuji on Golden Background and the Sun,Fujin.jpg

                                     風神

 

⑨黄金背景富嶽旭日・風神・雷神(雷神)_Mt.Fuji on Golden Background and the Sun,Raijin.jpg

                                    雷神

 

=========================================

祝 飛龍遊々スカイビル(絵画) : 2018年/ミクストメディア/150号(1818×2273

光彩輝く梅田スカイビルを背景に、淀川より飛翔した龍神がスカイビル25周年を祝福し、祝いの玉取り龍となって舞う。

龍は水に対する敬意の念から生まれた水の神であり夢や空想上の生き物。

一方、今ここに在るスカイビルは世界的に名高い現実の建築物である。

この龍とビルがおりなす迫力の躍動感は、「空想」と「現実」は相反する別々の概念ではなく、一つのものの部分であると説く、絹谷の作品テーマである維摩経の教え「不二法門」に通じている。

夢や空想、豊かな想像力が明日の科学や未来をつくる。